Video Marketing Seminar in Tokyo を開催しました。

Video Marketing Seminar in Tokyo を開催しました。

5月17日(木) 東京コンファレンスセンター・品川にて、動画制作大手の90 Seconds Japan様との共催セミナーを開催いたしました。 今回は4月のコンテンツ東京のフォローアップセミナーも兼ねており、コンテンツ東京でブライトコーブを知っていただいた方をメインに、多くの方にご来場いただきました!また、後半には動画を先進的なマーケティングに活用いただいている森永乳業様とデンソー様の担当者をお招きしパネルディスカッションを行いました。その内容を一部ご紹介させていただきます。

社内の動画配信を安定化!注目のソリューション「eCDN」(2/3)

社内の動画配信を安定化!注目のソリューション「eCDN」(2/3)

こんにちは、ブライトコーブ株式会社 Digital Marketing Territory Managerの大野です。 今回は引き続き、ramp社のソリューションである「Altitude CDN™」についてご紹介差し上げます。 前回の復習になるのですが、Video Cloudのようなクラウド型動画配信サービスを利用し社内へ動画を配信する場合、動画視聴者の数が動画ストリーム数となります。 そのため、例えば1ストリームあたり500kbps(1秒間に500kのデータ転送)の動画を100名で視聴する場合、50mbpsのデータ転送が必要となります。

動画でストーリーを伝えるための6つのポイント

動画でストーリーを伝えるための6つのポイント

動画はマーケティングの最重要手段の1つですが、明確な方向性や目的がなければ、話題になるようなインパクトは生まれません。最も効果的な動画は「ストーリー」を伝えるものです。 明確なストーリーは感情を喚起し、視聴者の苦痛や欲望の中心に到達し、実行可能な解決策を提示します。 Stillmotionという映像制作会社があるのですが、私は彼らの動画の中にある奥深いストーリーが大好きです。 彼らはMuse Storytelling Process という、ストーリーを伝えるために作られた枠組みにのっとって動画を制作しています。 この枠組みとは、「4P」:People(人々)、Place(場所)、Plot(筋書き)、Purpose(目的)の4つです。

HubSpotのワークフローで動画データを使用する方法

HubSpotのワークフローで動画データを使用する方法

マーケティングオートメーション自体はかなり前から存在していますが、動画データを利用したマーケティングオートメーションはどうでしょうか。動画は、マーケティング担当者に大変革をもたらします。ストーリーを語る最も強力なツールである動画の視聴データが、HubSpot で利用できます。 ブライトコーブとHubSpotとのインテグレーションは、HubSpotのログイン用の認証情報さえあれば、わずか2分でセットアップできます。セットアップが済んだら、次の画像のように動画視聴データがHubSpot内にあるコンタクトのタイムラインに配信されるようになります。 ブライトコーブからHubspotに送られるデータは、以下の通りです。

今年もやります!PLAY Tokyo 2018

今年もやります!PLAY Tokyo 2018

2018年7月6日(金)に、Brightcove PLAY Tokyo 2018を開催します。 2014年から毎年開催しております、日本随一の動画に関するカンファレンスです。 先日5月21日に、東京に先駆けて Brightcoveの本社があります、アメリカ ボストンでPLAY 2018が開催され、世界中から多くのお客様にお集まりいただき、盛大な中、無事閉幕することができました。 ボストンでのPLAYでは、新CEO Jeff Rayから今後の新しいBrightcoveの戦略の発表や、お客様より成功事例を頂くなど、お客様とのエンゲージに注力した内容に加え、最新動画テクノロジーや弊社のサービスについてお話しさせて頂きました。

社内の動画配信を安定化!注目のソリューション「eCDN」(1/3)

社内の動画配信を安定化!注目のソリューション「eCDN」(1/3)

こんにちは、ブライトコーブ株式会社 Digital Marketing Territory Managerの大野です。 先日、ブライトコーブが主催するPLAY 2018(@ボストン)に参加して参りました。 PLAY 2018は、最新の動画配信事例や技術に関する数々のセッションが2日間に渡り開催されるイベントとなり、20社を超える動画関連企業様にスポンサード頂いております。

Oracle EloquaとBrightcoveのデータ連携について

Oracle EloquaとBrightcoveのデータ連携について

*日本語字幕は、動画内右下のボタンから japanese を選択すると表示されます。 BrightcoveとOracle Marketing Cloudの統合により、マーケティング担当者は動画の視聴時間や、誰が動画を視聴したかのデータを取得し、動画コンテンツの洞察を強化することができます。このデータを活用し、視聴者ごとにパーソナライズされたキャンペーンを構築したり、リードスコアリングを強化したり視聴者の視聴行動にもとづいてセグメンテーションを行うことができます。 Brightcove アカウントとEloqua アカウントを関連付けるのはとても簡単です。