Brightcove
サポート+81 3 6453 7730
製品情報
ソリューション
リソース
企業情報
Search IconA magnifying glass icon.
お問い合わせ

戻る

Shwetha Anandan

By Shwetha Anandan

Talent Development Director at Brightcove

ハイブリッドワークプレースの課題を動画で解決する4つの方法

Virtual Events

Hybrid Workplace

ハイブリッド・ワーキング・モデルには多くの利点があります。フレキシブルな勤務時間。生産性の向上。オフィスと自宅を行き来することができる。そして何よりも、毎日の通勤が不要になることです。

しかし、ハイブリッドな職場には課題もあります。

遠隔地の社員は、孤立感を感じるかもしれません。コミュニケーションや連携がうまくいかなくなる可能性もあります。また、同じ時間に同じ場所にいることがほとんどない中で、どのように強固な企業文化を育むことができるでしょうか。

そこで登場するのが動画です。

動画は、ハイブリッド環境で働く社員を惹きつけ、団結させ、情報を提供し、トレーニングするための強力なツールです。ここでは、ハイブリッド業務を改善するために動画を使用する実証済みの 4 つの戦略を紹介します。


1. 社内コミュニケーションの充実

ストーリーを語ったり、感情的な結びつきを作るのに動画ほど適したメディアはありません。そのため、動画を社内コミュニケーション戦略に加えることは、ハイブリッド環境で働く社員を活気づけ、団結させる強力な方法なのです。さらに、従業員の48%が動画を最も魅力的なコミュニケーション形態と考えています(電子メールを最も魅力的と答えた従業員はわずか15%)。

インターナルコミュニケーション動画は、社員の体験を豊かにし、企業文化を強化するための機会が無数にあります。役員インタビューで会社の価値観やビジョンを紹介する。多様性や従業員の健康など、企業目標を推進するためのビデオシリーズを開発する。決算報告、授賞式、製品紹介などを動画で振り返る。安定した動画コミュニケーションは、リモートワークやオンサイトにかかわらず、従業員のモチベーションを高め、定着させることができます。


2.オンラインイベントでつながる

大流行が収まったとはいえ、バーチャルな社内イベントが依然として人気なのには理由があります。デジタルイベントはハイブリッド型ワークプレイスに必要な柔軟性を備えています。対面式のイベントよりも参加者が多く、移動時間やコストがかからないうえ、より多くのスピーカーを活用することができます。

全社会議やタウンホールをライブ配信し、録画したセッションを再生できるようにすることで、会社のイベントを長期的な従業員エンゲージメントの機会にすることができます。遠隔地にいる社員も、オフィスにいる社員も、都合のよいときに都合のよい場所でイベントの内容を見ることができ、繰り返し視聴することも可能です。会社の会議をより身近なものにすることで、従業員の参加率を高め、イベントプログラムのROIを向上させることができます。

PLAY 2021 のこのセッションで、Akamaiがデジタルイベントを利用してグローバルな従業員を結び付け、62% の出席率を達成した方法をご覧ください。


3. トレーニングを次の段階に進める。

ビデオ学習は、ハイブリッド型人材に最適です。トレーナーは、分散している大規模なチームに対してライブの授業を行うことができます。管理職は遠隔で働く直属の部下と1対1のコーチングセッションを行うことができます。社員は自分のペースで、自分のスペースで、オンデマンドのビデオコースを視聴することができます。また、専用の動画配信サイトがあれば、誰でも、どこでも、簡単にスキルと知識を最新の状態に保つことができます。

研修の効果を高め、従業員のエンゲージメントを高めるために、動画を活用するヒントやテクニックはたくさんあります。例えば、動画はマイクロラーニングに最適な配信方法です。長いトレーニングコンテンツを、特定の学習目的を持ついくつかの短いビデオに分割することで、知識の定着率を高めることができます。クイズやオーバーレイなどのインタラクティブな要素を加えれば、ハイブリッド型の職場でも、説得力のある、無駄のない学習体験を提供することができます。


4. 採用・入社時の改善

ハイブリッドワークにより、企業は採用・入社戦略の進化を迫られ、そのプロセス改革において動画は重要な役割を担っています。

ハイブリッド型労働モデルにより、すべての雇用主が人材獲得の競争相手となる現在、採用ビデオは採用の成功率を高めることができます。ビデオによる求人情報の説明で、適切な候補者をより早く集めることができます。また、ビデオ面接を利用すれば、候補者がどこにいても、簡単にコンタクトを取ることができます。

新入社員が知っておくべきことをすべて網羅したオンデマンドビデオのハブを利用すれば、ハイブリッド環境で働く社員の入社を加速し、標準化することができます。企業としてどのような存在であり、何を目指しているのかを説明するウェルカムビデオを作成することを検討してください。新入社員に企業文化を紹介することは、特に遠隔地の場合、必須です。部署の概要、人事の手順、ITポリシーなども、オンボーディング動画に適しています。


ベーシックなビデオ会議の枠を超える

ハイブリッドワーカーを効果的に取り込むには、単純なビデオ会議ツール以上のものが必要です。これらの基本的な製品は、単発のミーティングやピアツーピアの会話には適しています。しかし、ハイブリッドの世界のすべてのニーズと可能性に対応できるわけではありません。

堅牢な動画配信プラットフォームは、より説得力があり、革新的で、安全な方法で、ハイブリッドワーカーを引き込むことができます。動画技術を検討する際には、以下を確認する必要があります。

  • 社員がトレーニングや社内コミュニケーションの動画をすべて閲覧し、ストリーミングできるブランディングされたコンテンツハブを作成します。

  • ライブおよびオンデマンドの動画体験を提供することで、社員は好きなときに好きなものを見ることができます。(ビデオ会議ソフトウェアでは、会議を録画することができます。しかし、録画はインデックス化されていないため、整理、検索、共有が困難です)。

  • 豊富なアナリティクスを活用し、トレーニングや社内コミュニケーション用動画の効果を追跡し、最大化することができます。

  • 研修や社内広報用のビデオにインタラクティブ性を導入し、従業員の興味を引き、参加させる。

  • 動画へのアクセスを適切な従業員に制限するセキュリティコントロールで、企業情報を保護します。


動画でハイブリッドな仕事環境を実現

オフィスへの完全回帰の見通しが薄れる中、企業はハイブリッドワーカーに情報を提供し、刺激を与えるという課題を克服しなければなりません。

社内コミュニケーションやトレーニングプログラムに動画を組み込むことは、企業やホームオフィスでクラス最高の従業員体験を実現するための効果的な戦略です。適切な動画技術によって、結束力のあるチームを作り、強力な企業文化を維持し、どこで働いているかに関係なく、人々のつながりを維持し、モチベーションを高め、学習することができるのです。


トップに戻る