動画マーケティングの先駆者たち:動画アナリティクス

「動画マーケティングの先駆者たち」という動画シリーズの第 4 回目です。動画マーケティングのヒントや実務から得られた示唆などを、米国の先駆者たちが数分で簡潔に語る内容です。今回は「動画アナリティクス」について、先駆者たちからの一言アドバイスです。

先駆者たちのプロフィール

  • Jeffrey Cohen
    Director, Content Strategy, Oracle Marketing Cloud

    B2B マーケティングのエキスパートで、オラクル社のブログ(英語)上では "marketer, strategist, author, speaker, and blogger" と紹介されています。過去の著作に "The B2B Social Media Book" があります。
  • Ruth Stevens
    President, eMarketing Strategy

    B2B マーケティングを中心としたコンサルタント。IBM 等で B2B マーケティングの実務を統括した豊富な経験をお持ちです。また、米国の名門ビジネススクールである Columbia Business School で教鞭もとり、B2B マーケティングに関する執筆も多数です。詳細なバックグランド情報はこちら(英語)でご覧いただけます。
  • Chris Moody
    Director of Content and Social, Oracle Marketing Cloud

    オラクル社のマーケティングクラウド事業部門におけるコンテンツとソーシャルの統括責任者。オラクルは、最もハイエンドなマーケティング オートメーション ツールと言われる Eloqua を擁しています。自社でもデジタルマーケティングを積極的に推進されています。動画を活用したキャンペーンのランディングページの例がこちら(英語)です。
  • Lauren Vargas
    Senior Director of Digital Marketing, Aetna

    Fortune 100 に含まれるヘルスケア関連のエトナ社でデジタルマーケティングを指揮するエグゼクティブ。TopRank Marketing 社による「デジタルマーケティングで影響力のある女性 50 人」、The Economist Intelligence Unit による「ソーシャル ビジネス リーダーのトップ 25 人」に選定されています。
  • Lee Odden
    CEO, TopRank Marketing

    TopRank Marketing 社は、デジタル マーケティング エージェンシー。Odden 氏は、デジタルマーケティング分野における執筆や講演を多数行っています。Onalytica 社による「2016 年デジタルマーケティングのインフルエンサー トップ 10」などに選定されています。詳細なバックグランドはこちら(英語)でご覧いただけます。

動画アナリティクスのすばらしいところは、どこまで再生されたか把握できることです。eBook の場合は誰かがダウンロードしても、1 ページ目を見たか、読破したか、手つかずなのか分かりません。

最も説得力のある動画とは、ブランド名を印象づけるものではありません。期待されたアクションを引き起こすものです。