ブログ / マーケティング

ノイズによる撮影の中断を防ごう「映える動画の撮り方」 Episode 7

マーケティング 8/11/2021

自宅やオフィスで手軽に動画を撮影するためのポイントを解説する「映える動画の撮り方」シリーズ。全8回に渡ってワンポイントアドバイスをお届けします。

第7回のテーマは「ノイズ」です。

今回の記事の内容は、こちらの動画でも説明しています。


今回のテーマは「ノイズ」です。突然雷雨になったり、隣の犬が吠えだしたり、撮影にはノイズがつきものです。そんなときは待って撮り直すしかありません。

shutterstock 1577972584


1)中断を避けるコツ

せっかくの撮影が中断しないように、いくつか心がけるべきことをお伝えします。

①隣の部屋を意識する

隣の部屋からの音が漏れないように、隣と共有している壁の近くでは撮影しないようにしましょう。

shutterstock 1689569416

②子どもに手伝ってもらう

お子さんがいる場合は、撮影は昼寝の時間まで待つのがいいでしょう。あるいは、お子さんに撮影を手伝ってもらうという手もあります。スマートフォンの扱いには、あなたよりお子さんの方が慣れているかもしれませんよ。

shutterstock 760999171

③ノイズが発生する時間を把握する

ノイズが一日の何時ごろ、あるいは何曜日に発生するのかを把握しておけば、それを避けられます。


2)ビデオ通話の機能を活用する

ビデオ通話についているAIによって、会話以外の声を消す機能を利用するという方法もあります。ただし、人間の声が入り込んでくる場合は消すことができません。気にせず撮影し直しましょう。


ノイズへの対応としては、撮り直すのが一番です。ノイズの発生時刻などを把握して、避けるようにしましょう。


ブライトコーブでは、『オンラインイベント徹底ガイド』(全17ページ)と題して、オンラインイベントの開催に必要となるノウハウをまとめたホワイトペーパーを用意しています。オンラインイベントやウェビナーの開催をご検討の方は、ぜひ、こちらからダウンロードしてみてください。