BLOG / マーケティング

視聴者を惹きつける話し方とは?「映える動画の撮り方」 Episode 4

マーケティング 7/21/2021

自宅やオフィスで手軽に動画を撮影するためのポイントを解説する「映える動画の撮り方」シリーズ。全8回に渡ってワンポイントアドバイスをお届けします。

第4回のテーマは「話し方」です。

カメラの前に立てば、誰でも緊張するものです。ちょっとしたコツを知り、視聴者を惹きつける話し方を心がけましょう。

今回の記事の内容は、こちらの動画でも説明しています。


1)練習する

1

まず重要なのは、セリフを読まずに自分の言葉で話すことです。コピーライターやマーケターが書いた台本には、業界用語や使い慣れない単語が入っていたりします。

セリフを読まないためには、練習することです。本番の前に一度は声を出して練習しましょう。

話し方がすべてを決定づけると言っても過言ではありません。思いがこもった言葉は視聴者にも伝わります。信頼を獲得することが大切です。


2)笑顔

2

定番のアドバイスではありますが、笑顔が一番効果的にあなたの魅力を伝える方法です。笑顔を見ただけで、あなたの言葉が魅力的に伝わります。

話す前に笑顔でカメラを見ましょう。笑顔で視聴者を迎えて、注目してもらいましょう。


3)締めくくり

最後のセリフはとても重要です。よい印象で動画を終えられるように、心に残る言葉で締めくくります。カメラから目線を逸らさないように注意しましょう。


4)自信を持つ

4-4

最も大切なのは、自信を持つことです。不安がすぐに伝わってしまうのは、実生活でも動画でも同じです。自信は視聴者を惹き付けます。

この4つのポイントを意識して、視聴者に信頼感を与えられる話し方をしましょう。


ブライトコーブでは、『オンラインイベント徹底攻略ガイド』(全17ページ)と題して、オンラインイベントの開催に必要となるノウハウをまとめたホワイトペーパーを用意しています。オンラインイベントやウェビナーの開催をご検討の方は、ぜひ、こちらからダウンロードしてみてください。