ブログ / マーケティング

金融機関が動画マーケティングに投資すべき3つの理由

マーケティング
Financial Services Video Marketing image

金融サービス企業にとって、顧客とつながる最も効果的な方法のひとつが動画です。動画は、消費者を魅了し、教育し、行動を促すのに最適なメディアです。

多くの金融機関がマーケティングに動画コンテンツを取り入れていますが、消費者の期待や金融機関の習慣の変化により、しっかりとした、よく練られた動画戦略がこれまで以上に重要となってきています。

このブログで、取り上げるのは:

  • 金融機関にとって動画マーケティングが価値あるものである3つの理由
  • マーケティングプログラムにおいて動画の力を活用するためのアイデア
  • 金融業界における動画マーケティングを実施するにあたっての障害を克服するためのアドバイス

1. 信頼される、際立ったブランドを構築する

金融機関にとって信頼というのは生命線です。多くの金融マーケティング担当者にとって、消費者の信頼を得るには、ブランド構築とお金に関する教育リソースの提供が必要です。動画は、この2つの目的を達成するために役立ちます。

金融教育を強化する

約9割の金融機関が顧客向けに教育コンテンツを提供しています。消費者の金融リテラシー向上を支援することは、ロイヤルティを促進し、人々が人生の重要な決断をする際に信頼できるアドバイザーとしての地位を獲得するための方法です。J.D.パワーの調査では、59%の消費者が、金融機関が自分の財務的健全性を高める手助けをしてくれることを望んでいると回答しています

動画は、複雑な財務トピックについて、消化しやすく、魅力的なコンテンツを作成するための究極のメディアです。予算管理について調べている消費者は、長いテキストを含むウェブページを見ると、敬遠してしまうかもしれません。しかし、「より良い予算への5つのステップ」を紹介する60秒の動画ならどうでしょう?腰を落ち着けて、見て、学ぶことができるのです。

適切なコンテンツ戦略によって、新卒者、初めての住宅購入者、定年退職者など、あらゆるライフステージの消費者を動画で取り込むことができます。そうすることで、消費者が経済的な問題を解決する際に、御社のブランドを常に念頭に置いてもらうことができます。

また、2021年コンシューマーバンキングレポートによると、ミレニアル世代やZ世代にアピールするためには、教育用動画は賢明な投資といえます。

ブランド・アイデンティティを強化する

動画で金融機関のストーリーを伝えることは、ブランドを構築し差別化する最も効果的な方法の一つです

動画はエモーショナルな反応を呼び起こすことに長けています。金融機関の支店に足を運ぶ人が減っている今、動画は消費者がブランドとのつながりを深め、独自の約束に対する理解を深めることができるのです。

動画を使って金融機関の価値観、個性、文化を伝えることで、消費者と強い信頼関係を築くことができます。従業員が地元のフードバンクでボランティア活動をしているなど、慈善活動を紹介する動画は、ブランドをさらに強化することができます。今日の消費者は、金融機関が強い社会的責任を示すことを望んでいます。

動画による証言もまた、非常に強力なブランド構築ツールであり、信憑性も高い。起業や大学進学など、経済的な夢を実現した顧客の映像は、消費者のニーズに応える金融機関の能力に対する信頼を呼び起こします。


2. より多くのビジネスを獲得する

新規顧客の獲得、既存顧客のクロスセルのいずれを目的とする場合でも、動画は結果をもたらします。動画は、消費者の注目を集め、視聴者をリードに変換し、カスタマイズされたフォローアップのために豊富なインサイトを活用する新しい機会を提供します。

リードを増やす

金融商品やサービスを販売するキャンペーンにおいて、動画は貴重な追加コンテンツです。

まず、消費者の4分の3近くが、商品やサービスについて動画で学ぶことを好み、テキストを好む11%やインフォグラフィックを好む4%を上回っています。実際、56%の消費者が、金融・投資商品を購入する際に動画が重要な役割を果たしたと回答しています。

第二に、金融商品やサービスは、消費者にとって威圧的で複雑に見えることがあります。動画を使えば、明確な商品メッセージを迅速かつ説得力のある形で、多くの場合、楽しく、理解しやすい方法で伝えることができます。説明動画やティーザー動画は、金融商品を解明し、それが消費者のファイナンシャル・プランにどのように適合するかを生き生きと説明することができます。

最後に、インタラクティブな動画要素を使用して、見込み客のデータを取得し、消費者を購買プロセスの次のステップに誘導することができます。動画内のコールトゥアクションは、消費者のエンゲージメントとコンバージョン率を高める。例えば、投資商品に関する動画に、証券会社の口座申込書へのリンクと、ファイナンシャル・アドバイザーとの面談を申し込むフォームを追加すれば、リード生成マシーンになります。

新たな顧客インサイトに基づく行動

動画は、よりパーソナライズされた、データドリブンのマーケティングとクロスセリングのアプローチを可能にし、銀行とお客様の双方に利益をもたらします。

消費者が再生をクリックすると、彼らのニーズや興味について多くのことが明らかになります。再生された動画は、富の形成に関するものか、それとも借金の返済に関するものか?自動車ローンの動画を最後まで見たのか、それともわずか5秒で放棄したのか?

適切な動画プラットフォームを使用すれば、誰が、いつ、どのくらいの時間、どの動画を視聴したかを追跡し、そのデータをCRMやマーケティング・オートメーション・ソフトウェアに供給することができます。これにより、リードスコアリングのための新しい情報が得られ、個人の視聴履歴に基づいて適切でタイミングよく製品を提案することができます。消費者が住宅購入に関する動画を何本もストリーミングしている場合、住宅ローンのキャンペーンが受けいれられる可能性が高いです。

競争の激しい金融サービス業界では、顧客ロイヤリティと生涯価値を高めることがゲームの命題であり、動画インタラクションから得られるインサイトは、勝利に貢献します。


3. 初日から続く、顧客体験の向上

顧客を維持するためには、最初から素晴らしい顧客体験を提供することが必要です。顧客エンゲージメントにはさまざまな選択肢がありますが、新規顧客の受け入れから長期的なサポートに至るまで、動画は最重要項目です。

カスタマーオンボーディングの改善

オンボーディングは、顧客との関係を持続させるための土台となるもので、動画コンテンツはそのプロセスにおける貴重な構成要素になります。

例えば、新規アカウントのメールに「チーム紹介」のビデオを追加するなど、動画を使うことで、よりパーソナルで魅力的な方法で新規顧客を迎え入れることができます。これにより、第一印象が良くなり、消費者はあなたのコミュニティの大切なメンバーであると感じることができます。

動画は、新しい顧客に製品やサービスの特徴を知ってもらうのにも有効です。例えば、中小企業向け当座預金口座の内容を紹介する2分間の動画や、クレジットカードのポイントプログラムの仕組みを紹介する短いクリップを提供することを想像してください。このような動画は、製品の価値を強化し、顧客が製品を最大限に活用するために必要な情報を提供するのに役立ちます。

モバイルバンキングやデジタル決済アプリに関する情報満載の動画は、これらの革新的な技術の普及を促進し、新規顧客をより費用対効果の高い、デジタルファーストの関係へと導くことができます。

カスタマーサポートの効率化

サポートは、顧客体験を向上させるために動画を使用する大きな機会領域です。

多くの消費者は、フリーダイヤルの電話番号に電話して担当者を待つよりも、自分で問題を解決したいと考えています。ハウツー動画は、特にナレッジベースやオンラインリソースセンターにコンテンツが整理されている場合、セルフサービスサポートを簡単かつ便利にしてくれます。

電信送金の送金方法や支払停止の申請方法など、日常的な銀行業務に関する動画チュートリアルで、顧客が探している答えが見つかるようにしましょう。詐欺や不正行為など、一般的な懸念事項を取り上げた動画も価値があります。新たな脅威の最初の兆候でこれらを共有することで、顧客の経済的な状況を守り、銀行のセキュリティへのコミットメントを示すことができます。

動画でサポート体験を近代化すれば、顧客満足度を高めると同時に、カスタマーサービスチームの負担を軽減することができます。実際、動画マーケティング担当者の93%が、動画によってサポートコールの件数が減少したと回答しています。


金融サービスにおける動画マーケティングの障害を克服する

金融サービスにおける動画の価値を理解したら、次は資金を確保する番です。ビジネスケースを提示する際、予算所有者やITパートナーから提起される問題を解決する必要があります。

ここでは、金融業界における動画マーケティングに関する最も一般的な懸念に対抗するためのいくつかの弾みをつけます。多くの場合、その答えは金融機関の厳しい要件を満たす動画配信プラットフォームを選択することにあります。

  • すでにYouTubeを使っています。それで十分ではありませんか?

多くの金融機関がYouTubeに動画を公開しています。リーチを広げるための堅実な戦略ですが、顧客体験をほとんどコントロールすることができません。視聴者は煩わしい広告を見なければなりませんし、競合他社の動画の隣に表示されることもあり、ブランドにとって良い印象を与えることはできません。

動画ストリーミングプラットフォームを利用することで、厳選されたカスタマーエクスペリエンスを実現できます。ロゴとコーポレートカラーで動画プレーヤーをカスタマイズしたり、ブランド化された動画ポータルを設定したり、独自のストリーミングチャンネルで大々的に宣伝するなど、ブランディングを完全にコントロールすることが可能です。さらに、YouTubeの基本的な動画ビューよりも、視聴者やコンテンツに関するより豊富で実用的なデータを得ることができます。

  • 金融機関が採用するテクノロジーは、コンテンツとユーザーに対して厳格な保護措置を講じなければなりません。

エンタープライズ クラスの動画ストリーミング プラットフォームは、最も厳しい規制や企業要件に準拠するために必要なセキュリティ対策や管理を提供します。セキュリティに対するブライトコーブの包括的なマルチレベルのアプローチは、動画資産、顧客データ、およびブランドの完全性を保護します。その上、同社は毎年、セキュリティプロトコルの第三者による監査を受けています。

  • ADA動画への対応はどうする?訴訟や広報の黒歴史は避けたい。

Brightcove の Marketing Studio は、金融機関が American with Disabilities Act のコンプライアンス ガイドラインを満たすのに役立っています。動画アクセシビリティを高める機能には、クローズド キャプション、ライブ キャプション、トランスクリプション、音声記述、視覚障害者用スクリーン リーダーの互換性などがあります。

  • マーケティング・テクノロジー・スタックに多大な投資をしてきた私たち。動画ストリーミングプラットフォームはどのようにフィットするのでしょうか?

Brightcove のようなソリューションは、一般的なマーケティング オートメーション プラットフォーム (MAP) や CRM システムと統合されます。これらのシステム間でデータを共有することで、ROI が向上します。動画アナリティクスを使用して、見込み客のセグメント化、ターゲット化、およびコンバージョンを向上させることができます。一方、マーケティング分析を使用して、パイプラインと収益に対する動画の貢献度を判断し、向上させることができます。


動画で金融サービスマーケティングをレベルアップする

金融サービス企業が動画をマーケティングおよび顧客エンゲージメント戦略に完全に統合することには、多くの説得力のある理由があります。金融サービスのマーケティング担当者は、ブランドの信頼とロイヤルティの構築、新しい消費者インサイトによるキャンペーンのパフォーマンス向上、オンボーディングから継続的なサポートまでの顧客体験の強化のために動画を導入しています。

もちろん、金融機関特有のニーズに対応するためには、適切な動画プラットフォームが必要です。しかし、動画マーケティングは、金融機関においてもより良い効果をもたらします。