新機能 Liveアナリティクス機能について

新機能 Liveアナリティクス機能について

こんにちは、ブライトコーブ株式会社 Business Development Managerの大野です。

今回は2019年6月にリリースされたLiveアナリティクス機能についてご紹介します。

本機能は以前から多くの要望を頂いていた機能になりますが、今回ようやくBrightcove Liveに実装されました。
簡単に本機能をご説明すると、Live配信中や終了後にLive配信に特化したメトリクス(同時視聴者数やそのトレンドなど)を確認することが出来るのです。早速機能を確認していきましょう。

 

はじめに


利用方法は至って簡単です。もし新規イベントでLiveを実施する場合は、こちらを確認頂きながら調整室(Control Room)へ遷移ください。繰り返しイベントの場合はこちらを参考に調整室へ遷移ください。

遷移すると左側に『Reporting』(2019年6月17日時点で英語表記なのはご愛嬌)と表示されたタブが一番下に表示されます。
こちらがLiveアナリティクス機能になり、分析項目を一つずつ上からご説明します。

SNAPSHOT
VIEWS BY DEVICE
VIEWS BY COUNTRY
繰り返しイベント

 

SNAPSHOT

 

このセクションには以下の項目がLive配信中に随時ひと目で確認できるようになっています。
スナップショットは1分間隔で更新されます。

 

Total Views:Live配信中の再生回数累計
Unique Viewers:ユニーク視聴者の総数
Avg View Time:平均視聴時間
Total Viewed Minutes:総視聴時間
Ad Starts:広告再生数

 

上記以外にも『Concurrent Viewers』という項目が表示されています。

こちらでは時間ごとに何人の視聴者がLive配信を閲覧しているかが確認できます。
上記の例では午後3時15分で1名だった視聴者数が、数分後に4名になっていることが確認できます。

累計の再生回数累計のみならず、
同時視聴者数をLiveイベント中に確認できるのは今回のアップデートの特筆すべき点です。

 

VIEWS BY DEVICE

 

VIEWS BY DEVICEでは,どのようなデバイスでLive配信を閲覧しているかが確認可能です。
上記の例ではデスクトップ端末による視聴が3回、モバイル端末による視聴が1回であることが確認できます。
デスクトップやモバイル以外にも、タブレットやテレビ/ゲームコンソールでの視聴数も分析可能です。

 

VIEWS BY COUNTRY

 

VIEWS BY COUNTRYでは視聴者がどの国からLive配信を閲覧しているかが確認可能です。上記の例では日本から4回視聴されたことが確認できます。

 

 

繰り返しイベントの場合

 

繰り返しイベントをご利用の場合、Reportingの上部に日時が記載されています。押下すると、過去の繰り返しLiveイベントを選択可能となっており、過去のLiveアナリティクスを確認可能です。尚、アナリティクスデータはイベント終了後、32日間のみ閲覧が可能ですので、必要に応じてデータをエクスポートすることをお薦めします。

 

最後に

 

Live配信を利用したスポーツ番組配信。動画マーケティングやLiveコマース。そして、Liveを利用したインターナルコミュニケーションなど、Live配信のニーズは毎年高まっています。貴社においても、どのようにLive配信が視聴されたのかを分析することで、Live配信の構成や内容を改善してみてはいかがでしょうか?

 

【留意事項】
本Liveアナリティクス機能は、Video CloudのLiveモジュールから発行されたLive配信用のビデオプレイヤータグを利用する事で、データが反映されます。リモートアセットを利用したLive配信ではLiveアナリティクス機能の利用ができませんのでご注意ください。