人材育成と社内コミュニケーションに効果を発揮する動画活用

人材育成と社内コミュニケーションに効果を発揮する動画活用

2018年12月12日(日)、株式会社宣伝会議様の協力で、動画活用セミナーを開催いたしました。ブライトコーブのユーザーでもある日本マクドナルド株式会社より、オペレーション&テクノロジー本部テクノロジーアーキテクチャー&サービスマネジメント部 四ツ谷 信之 氏と、月刊『広報会議』編集長 森下 郁恵氏に登壇いただき、クライアント事例の紹介とパネルディスカッションを行いました。

 

クライアント事例では、四ツ谷氏より、日本マクドナルドが取り組むインターナルコミュニケーションにおける課題と動画活用をご紹介いただきました。

日本マクドナルドは直営店だけでなくフランチャイズで店舗を多く展開し、フランチャイズオーナーやクルー(アルバイト従業員)も含めた従業員数は約14万人。本社や直営店の従業員だけでなく、別法人のフランチャイズオーナーも含め、マクドナルドビジネスに携わる全ての人々がインターナルコミュニケーションの対象です。

また、頻繁に新しい商品を提供するマーケティングキャンペーンを行っているため、その度に14万人の従業員に対して、新しいオペレーションを徹底することがインターナルコミュニケーションのキーとなっています。

 

日本のマクドナルドクルーの独自性として、以下の2点を四ツ谷氏は挙げています。

①クルーの大多数は学生であり卒業とともに卒店(退職)すること。
従業員の大半を占める学生アルバイトは3〜4年で必ず退職します。常に新人のクルーがいることを念頭に置く必要があります。

②外国人クルー比率の増加
外国人従業員は、口頭のコミュニケーションは問題なくても、日本語の読み書きを苦手とする場合が多いです。そのため、漢字かな交じりの日本語で書かれた紙のマニュアルを理解してもらうことは実はとてもハードルが高いのです。

彼らにどうアプローチするかが、インターナルコミュニケーションの課題でした。

 

そこで日本マクドナルドは、適切な情報ビークル(媒体)で情報を配信するための施策を徹底。ハンバーガーの作り方、機械のメンテナンスや掃除の仕方などを動画化しキッチンエリアでiPadを使って参照できるようにすることで、文字がわからなくても効率的に理解が進む環境を整えました。

また、従業員向け社内ポータルを整備し、社長からのメッセージや、月ごとの営業成績発表をブライトコーブを使って毎月動画で配信。紙だと見てもらえない情報も動画であれば最後まで見てもらえるようになり、効果的な情報伝達を実現。営業成績などの数字の外部への流出も、紙媒体から動画にすることでなくなり、情報漏洩のリスクを軽減しました。

さらに、動画はチームの一体感の醸成に大きく貢献しています。
ブライトコーブのAPIを使ってクルー自らダンス動画をアップロードできるようにし、全国のクルーから集まった動画でコンテンツを作成、社内で公開。動画を活用した双方向コミュニケーションでクルーのエンゲージメントを高めることで、「ワンチーム」の雰囲気を強固なものにしています。


 

パネルディスカッションでは、広報担当者が社内向けに動画を導入するにあたっての予算のとり方、情報システム部門との協力体制の構築方法、投資を承認してもらうにあたってのKPIの設定方法など様々な質疑応答を行いました。

イントラネット内での動画配信で見落としがちな、視聴側の環境(日本マクドナルドの場合、店舗側のインフラの問題)により、幅広いデバイスや環境での動画再生が可能なブライトコーブの採用を決定したというのは、情報システム部門側の担当者である四ツ谷氏ならではの視点でした。

また、広報部だけだと社内承認が取りづらいため、情報システム部門が全面的に協力し提案書をつくり、マネジメントに承認を取るべきというアドバイスは、当日セミナー来場された広報担当者の方にとっては目から鱗のアドバイスだったのではないでしょうか。

社内への動画配信を検討している広報担当者や、事例の詳細をご希望の方は、ぜひ下のボタンからお問い合わせください!

 

社内コミュニケーションに動画を活用する