動画プラットフォームの特長

ライブ動画配信

ライブ ストリーミングを活用して、視聴者を拡大

高解像度(HD)アダプティブ ビットレート ライブ動画ストリーミング機能を標準装備した Brightcove Video Cloud は、ライブ ストリーミング戦略を実行するうえで即戦力になります。ライブ ストリーミングは、リアルタイムの高品質な動画コンテンツで視聴者の心をつかむ絶好のチャンスです。視聴者の注目を集め、SNS、広告、対話型コミュニケーションへの積極的な関与を促す基盤になります。Video Cloud を活用すれば、ライブ動画をキャプチャーし、動画を編集して、将来の用途に備えたビデオ オン デマンド(VOD)コンテンツを簡単に作成することも可能です。

Brightcove Live:ライブストリーミングのワークフローを簡素化

さらに簡単なソリューションを求めるライブ ストリーマー向けに、Brightcove Live をご用意しました。専門知識がなくても直感的に操作できるシンプルなユーザー インターフェイスを利用し、数回クリックするだけでライブ イベントを開始することも、配信中/待機中/保存済みの映像を閲覧することもできます。ハードウェアや開発作業は必要ありません。すぐにストリーミングを始められます。

ライブ DVR

ライブ ストリーミング イベントでは、ライブ DVR のコントロール機能が重要になります。ブライトコーブはこの機能を標準装備しているため、視聴者はライブ ストリームを一時停止して、お気に入りの部分まで巻き戻すこともできます。ライブ視聴に戻るのも、ボタンをひとつクリックするだけです。視聴者がどんなにわずかな瞬間も見逃さず、ライブ動画を堪能できるように、使い勝手の良い環境を整えることができます。

アダプティブ ビットレート ライブ ストリーミング

アダプティブ ビットレート ライブ ストリーミングで、常に高品質でなめらかな動画を配信します。RTMP 形式と HLS 形式を同時出力するため、Web はもちろん、iPad や iPhone、Android などのモバイルデバイスを利用する視聴者にもリーチします。レンディションをカスタマイズしたり、標準装備の SD/HD セットを利用したりすれば、画面サイズやネットワーク環境に応じて再生を最適化することも可能です。

広告、解析、品質モニタリング

ライブ動画エクスペリエンスに、オンデマンド体験のようなフル機能を実現します。Video Cloud で作成したカスタム動画プレーヤーを利用すれば、プレロール広告やスポンサーのバンパー広告、ウォーターマークを取り入れて、ライブ コンテンツを収益化することができます。アクティブ視聴者数、総視聴者数、エラー モニタリングなどのリアルタイム解析によって、パフォーマンスを測定することも可能です。

ライブ ストリーミング イベント サポート

ライブ ストリーミングのイベントは重要です。しかも、やり直すことはできません。ブライトコーブはイベントの開始から終了まで、トラブル シューティングやモニタリングを担当する専任のエンジニアを待機させ、ライブ ストリーミングが途切れたりしないようにサポートを提供します。ライブ ストリーミング イベント サポートには、ライブ前のストリーミングテスト、CDN 構成、エンコーダー構成のサポート、CDN パートナーへの緊急連絡などが含まれます。

ライブ トランスコーディング API

専門知識がなくても利用できる Brightcove Live のシンプルなワークフローに加えて、開発者向けにフル装備の Live Cloud Transcoding API もご用意しています。開発者はライブ トランスコーディング用の幅広い API にアクセスし、ニーズに応じてサービスを瞬時に拡大することができます。RTMP フィードを入力するだけで、ライブ動画をマルチビットレートのアダプティブ ストリームにトランスコードし、インターネットに接続した多様なデバイスで再生できるようになります。

実現に向けて
ブライトコーブのエキスパートにお問い合わせください。
または、Video Cloud を 30 日間の無料体験版でお試しいただけます。