ブライトコーブ ブログ

エンタープライズ

動画配信プラットフォームのROIを算出する方法とは?

動画配信プラットフォームのROIを算出する方法とは?

日本情報システム・ユーザー協会の「企業IT動向調査2019(2018年度調査)」によると、デジタル化の3大課題の一つとして「効果の見極めが困難」であることが挙げられています。しかし、新たなシステムを導入する際に、ROI(Return on Investment、投資対効果)の試算が求められる場合は多いでしょう。それでは有償の動画配信プラットフォームを導入する場合、ROIはどのように算出するとよいでしょうか。

動画配信プラットフォームを最大限活用する4つのステップ

動画配信プラットフォームを最大限活用する4つのステップ

動画マーケティングはマーケターにとってますます身近になっています。その一例としてしばしば引用されるのが、拡大傾向にある動画広告の市場規模です。株式会社D2C、株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)、株式会社電通が2019年3月14日に共同で発表した「2018年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」によれば、2018年の動画広告費は2,027億円で、2019年には2,651億円と前年比130.8%に拡大すると予測しています。 このように、消費者に動画でアプローチすることの重要性は高まっています。しかし、マーケターが動画をマーケティングに活用するにつれて、様々な悩みが聞かれるようになりました。これらは多くの場合、動画の管理と分析に関する課題に集約されます。

これだけは押さえておきたい!企業が動画配信プラットフォームを選定する際のチェックポイント7選

これだけは押さえておきたい!企業が動画配信プラットフォームを選定する際のチェックポイント7選

企業が自社の動画を配信する際に必要となるのが、動画配信プラットフォームです。これには大きく分けると無料/有料の2種類があります。それぞれの特徴は以下の通りです。   無料動画配信プラットフォームの特徴 代表的な無料動画配信プラットフォームが、動画投稿サービスやSNSです。配信者が、多数の視聴者に向けて動画を拡散させたい際に適しています。注意点としては、他社や競合企業の広告が、動画開始前やサムネイルに並んで入る場合があります。また、動画プレイヤーのデザインなどをカスタマイズすることができません。動画の内容やコンテンツの権利については配信先プラットフォームのルールに従う必要があり、コンテンツの著作権を保護できない場合があります。

動画担当者必読!古くて新しいHHH(スリーエイチ)戦略

動画担当者必読!古くて新しいHHH(スリーエイチ)戦略

動画施策を成功させるためにはどのような動画戦略を立てるべきでしょうか。自社の求める成果を出すためには、動画施策の目的を明確化し、マーケティング施策とバランスの取れた動画戦略を立てることが重要です。 動画施策を一過性のもので終わらせないためのヒントが、Googleが2014年にコンテンツマーケティングに関して提唱したHHH(Hero, Hub, Help/ Hygiene)戦略フレームワークにあります。このフレームワーク自体は目新しい概念ではありませんが、単体ではなくマーケティングファネルと組み合わせて考えることで、動画施策とマーケティング施策全体を密接に組み立て、自社にとっての最適解に近づくことができます。

動画制作会社 90 Seconds Japanに聞く インターナルコミュニケーションにおける動画活用方法(後編)

動画制作会社 90 Seconds Japanに聞く インターナルコミュニケーションにおける動画活用方法(後編)

前編では、インターナルコミュニケーションにおける、動画の活用方法や事例についてお話頂きました。後編では、前回に引続き90 Seconds Japanの滝本氏に、動画制作における注意点をお話頂きます。 【プロフィール】 90 Seconds Japan株式会社   セールスコンサルタント 滝本 龍志郎 2002年から映像業界のキャリアをスタート。営業プロデューサーとしてあらゆる業種、あらゆる種類の企業、官公庁の動画制作に携わる。フリーランスを経て2017年に90 Seconds Japanに参加。プロデューサーを経て現職。

動画とブランドセーフティの関係とは?

動画とブランドセーフティの関係とは?

目次   ①ブランドセーフティとは? ②動画に関するブランドセーフティとは? ③動画のブランドセーフティに関する最新動向 ④ブランディング毀損回避の重要性と対策   ①ブランドセーフティとは? 「ブランドセーフティ」とは、企業や製品のブランドを毀損するリスクをどう回避するか、またそのための取り組みを指す概念です。 ブランドセーフティは、一般的にはペイドメディアであるインターネット広告を対象に語られます。しかし、人々がブランドイメージを抱く対象はインターネット広告のみに限定されるものではなく、ブランドセーフティはアーンドメディアやオウンドメディアにも適用して考えるべきでしょう。 ブランドセーフティを考える際には、主に3つのポイントがあります。

動画制作会社 90 Seconds Japanに聞く インターナルコミュニケーションにおける動画活用方法(前編)

動画制作会社 90 Seconds Japanに聞く インターナルコミュニケーションにおける動画活用方法(前編)

こんにちは、ブライトコーブ Business Development Managerの大野です。 近年、インターナルコミュニケーション(社内広報/コミュニケーション)において、動画の活用が注目されています。ブライトコーブにおいても資生堂様やオリックス様における動画活用事例を紹介してきました。一方で、これから動画を活用される企業の方々から、「どのような動画を制作すればよいのかわからない」や、「動画の制作方法を、社内外問わず誰に相談すればよいのかわからない」という相談を頂くことが多くあります。そこで、今回は動画制作会社 90 Seconds Japan株式会社 のセールスコンサルタントである滝本 龍志郎氏を訪問し、インターナルコミュニケーションにおける動画制作のヒントをお聞きしました。