No results found

5G時代到来! 今までの常識を覆す動画制作手法

5G時代到来! 今までの常識を覆す動画制作手法

 5G時代の到来とともに、一般企業においてもこれまで以上に動画を利用することが増えていくでしょう。そこで、課題となるのが動画の量産化ですが、『動画制作の民主化』を実現するためのテクノロジーやサービスが日々誕生しています。今回は、シンガポールに本社を置き、2020年より日本でのビジネスを開始した、定額制の動画制作サービスを提供するShootstaの上野さんを招き、ブライトコーブ代表の川延が、同社の概要やサービスについてインタビューさせていただきました。


BtoB向け動画コンテンツの制作、マーケティングを支援するサービス

 

ブライトコーブ 川延(以下、川延) 今日はわざわざ重い荷物とともに来社頂きありがとうございます。日本語での会社名は『シュートスター』で問題ないでしょうか?また、簡単に会社の概要をお教え頂けますでしょうか?

Shootsta 上野さん(以下、上野さん) ありがとうございます。『シュートスター』で問題ありません。我々はBtoBの動画コンテンツ制作や、マーケティングを支援するサービスを提供している会社です。全世界6拠点に展開しており、全世界で130名の社員がいます。

川延 なぜ、このタイミングで日本に進出されたのでしょうか?

上野さん 2015年にオーストラリアで創業し、その後シンガポールに本社を移し、アメリカ、ヨーロッパ、アジアと進出していきました。お陰様で、各リージョンにおける成長率は非常に良かったのですが、コロナ禍においてデジタルシフトを進める企業も多かったことから更に拍車がかかり、日本でもサービスを開始させていただく運びとなりました。

川延 なるほど。上野さんが、日本人第一号社員ということですね。なぜ、上野さんはShootstaで第一号社員として働く決意をされたのでしょうか?

上野さん 実は、今までも海外のテック系スタートアップの立ち上げを複数社経験してきました。その中でも大きな経験だったのですが、eコマースのプラットフォームを提供するShopifyにおいても第一号社員として立ち上げに従事しました。その後、一度海外に飛び出して行こうと思い、色々試行錯誤している最中、ちょうど日本でサービス開始を検討していたShootstaの方と知り合い、オファーを頂きました。
 

アップロードした動画の編集は、最短でその日中に納品

 

川延 色々と経験され、その中でご縁があったんですね。それでは、Shootstaの提供されているサービスについて教えて頂けますでしょうか?

上野さん 我々は企業における動画コンテンツの制作をサポートする会社です。とはいえ、動画制作会社ではありません。クライアント様と一緒に、ブランディングや動画コンテンツの制作・運用を伴奏するプラットフォームを展開している企業です。基本的には年間サービスとなっており、BtoB企業を対象としたビジネスを展開しています。

 今まで企業においては、動画の制作を全て外注することが多かったと思うのですが、Shootstaはまず動画を制作いただくためのビデオキットをお貸しします。キットにはカメラなど様々な機器が含まれるのですが、もし操作した経験が無くとも、撮影を実施できるようなサポートをさせていただきます。また、撮影した動画を弊社のクラウドサービス『Shootsta Hub』を通じてアップロード頂き、弊社の社員が編集した後、クライアントに納品するという流れです。

川延 なるほど。動画制作を全て請け負うのではなく、実施いただける部分は、お客様に作業いただくということですね。

上野さん その通りです。アップロードいただいた動画の編集は、最短でその日中、遅くとも2営業日以内にお返しするシステムです。このスピード感とコストがShootstaの強みですね。


最も安いものでは1本あたり6万円程度で制作可能

 

川延 動画の種類によって上下するとは思いますが、動画の制作コストは1本あたりどの程度なのでしょうか?

上野さん 年間の契約によって変化しますが、最も安いものでは1本あたり6万円程度で制作可能です。大手企業で利用されるCEOのコメント動画や、イベントのレビュー動画、テレビCMのようなものまで幅広く対応しています。また、クライアントのブランディングを考慮したデザイン・フォントや、モーショングラフィックの作成なども制作可能です。

川延 こちらがサービスを利用すると送られてくるビデオキットですね。

上野さん そうです。契約によってライトに利用できるビデオキットもあるのですが、こちらは本格的なレベルのキットですね。

川延 カメラ、マイクやスタビライザーのみならず、プロンプターまで入ってますね。でも、これが送られてきても「どうやって使うの?」ってなりませんか?

上野さん なります(笑)。そのため、初めて利用いただく方にはレクチャーを実施しつつ、一緒に撮影していきます。独り立ちいただくまで、弊社でサポートしていきます。

川延 意地悪な質問ですが、ビデオキットが送られてきても、撮影する時間がない人もいますよね?

上野さん そのような方向けに、弊社で撮影を代行するサービスも提供しています。全世界にいるビデオグラファーのネットワークがあるため、どのような僻地でも撮影することが可能です。また、日本語の吹き替えなど音声対応も幅広い言語で対応可能です。


 

高品質な動画を効率的なマーケティング・営業活動に繋げる

 

川延 日本市場では、どのような展開を予定されているのでしょうか?

上野さん 実は、シンガポールにある日系企業では以前よりご利用頂いています。そのため、まずは海外に展開されているような日本企業向けに展開できればと考えています。その次のフェーズにおいては、日本の地場に根付いた企業様にも、気軽に利用いただけるよう展開していきたいと考えています。

川延 シンガポールでは、ブライトコーブとも頻繁に共催セミナーを実施していると聞いています。

上野さん 共催セミナーも実施していますが、ブライトコーブのシステムとAPI連携も実現しています。先程少しお話したShootsta Hubというクラウドサービスでは、クライアントが動画をアップロードすることや、弊社の編集担当者と潤滑にコミュニケーションすることができます。そして完成した動画は、Shootsta HubからブライトコーブのVideo Cloudに直接アップロードができるようになっています。これにより、わざわざShootsta Hubから動画をダウンロードして、動画を公開するためにVideo Cloudにアップロードする手間が削減でき、効率的に管理することができます。

川延 そうなんですね。機能連携については知りませんでした(笑)。最後に、どのようなお客様がこのサービスを利用するとメリットがあるのか教えてください。

上野さん コロナ禍でオフラインイベントが中止となり、対面での営業も難しくなっています。皆さんZoomなどのサービスを利用するなどして試行錯誤されていると思いますが、Shootstaを利用し高品質な動画コンテンツをしっかり作っていただき、より効果的なマーケティング・営業活動に繋げていただければと考えてます。

川延 低コストで、撮影の様々なニーズに対応でき、編集から納品までスピーディーに実施できるのが強みであると理解しました。ブライトコーブとの連携でワークフローも簡素化できる。すでに他のリージョンでは両社のサービスを利用している顧客が複数ありますが、ぜひ今後、日本でも共通の顧客が生まれるといいですね。今日はありがとうございました。

上野さん そうですね! こちらこそありがとうございました。