ブライトコーブ 2018年にリリースした新機能まとめ

ブライトコーブ 2018年にリリースした新機能まとめ

2018年、ブライトコーブは多くの新機能・アップデートをリリースいたしました。2019年もたくさんの新機能やサービスを発表する予定ですが、今回は去年一年間にリリースされた新機能とアップデートの振り返りを簡単にまとめてみました。

 

Brightcove Video Cloud

  • オーディオトラックの作成

プレイヤーで複数のオーディオトラックをサポートするようになりました。これにより音声の言語の切り替えやボイスオーバーも可能になりました。詳しくはこちらのサポートページをご覧ください。
 

  • ユーザー行動情報の追加

ユーザーが最後にVideo Cloudにログインした日時を「ユーザーの管理」の画面で確認できるようになりました。また、Mediaモジュールで、どのユーザーが動画を作成・更新したかを確認できるようになりました。


 

  • 動画データの一括ダウンロード

Mediaモジュールから、アカウントの動画リストをエクスポートできるようになりました。ライブラリ全体の動画リストだけでなく、検索条件にマッチした動画のリスト、個別にチェックしたリストのダウンロードも可能です。データはCSVファイルでダウンロードされます。


 

  • Uploadモジュールの強化

○動画のアップロード状況を簡単に確認できるよう、アップロード進行状況バーを設置しました。

○Mediaモジュールからだけでなく、Uploadモジュールからもフォルダを作成できるようになりました。

○動画をアップロードする前に必須項目の入力を強制する新しいアカウントレベルアップロード設定を導入しました。これにより、必要なメタデータをアップロード者に記入させることができます。この設定は、管理者モジュールの「アップロード設定」にあります。

○動画をオフライン対応に設定できる機能を追加しました。この設定はオフライン再生機能を有効にしているお客様のみ、UploadモジュールとMediaモジュールに表示されます。
 

  • Playlistプラグインの強化

最新バージョンのPlaylistプラグインでは、水平レイアウト(Horizontal Layout)のオプション追加と、「Up Next(次の動画)」のカウントダウン機能を実装しました。詳しくはこちらをご覧ください。


 

  • Playerエディター

新しいPlayerエディターでは、動画プレイヤーを簡単に変更できるようになりました。タブ構造で編集オプションを選択したり、再生ボタンの形状や位置を変更できる機能も追加しました。変更を加えるとリアルタイムでプレイヤーの設定が変わるのを見ることができます。使い方はこちらのサポートページをご覧ください。

 

SSAI

  • 広告モードの追加

Video Cloud SSAIに広告モードを追加しました。この機能を使用すると、ユーザーが過去の広告を削除しないようにすることができ、アドブレイクに残っている広告の時間と数を表示することができます。詳しくはこちらをご覧ください。
 

  • アドブロッカー防御

Brightcoveでは、アドブロッカーの検出と自動フェールオーバーが可能になりました。 広告フェールオーバーがオンになっている場合、Brightcoveプレーヤは、ブラウザに広告ブロッカが存在することを検出すると自動的にSSAIストリームを要求します。 この機能により、広告ブロッカーの検出に基づいてクライアントサイドのIMAベースまたはSSAIベースの広告をシームレスに実行できます。これにより、広告ブロッカーで失われた広告収入の10〜30%を回復できます。 フェールオーバーを設定しましょう。

 

Brightcove Live

  • UIの刷新

Liveモジュールが全く新しいプラットフォームになりました。Liveを使い始めたばかりの人でも誰でも簡単にライブイベントを設定できるようになり、パワーユーザー向けにはより強固な機能を提供しています。
 

  • ソーシャルクリッピング

ライブ配信の実行中にオンデマンド動画のクリップを作成できるようになりました。クリップをすぐに保存し、ソーシャルチャンネルに投稿できます。

 

Brightcove Social

  • Facebook Rights manager との連携

Facebookに投稿した動画があなたの許可なしに他のサイトに再投稿されているのを見つけたことがありますか?FacebookでRights Managementを有効にしている場合は、Brightcove Social内で権利プロパティを設定できるようになりました。 Facebook Rights Managementプロセスに関する詳細およびBrightcove Socialでのアカウントの設定方法については、当社のドキュメントをご覧ください。
 

  • ソーシャル動画へのキャプション追加

Brightcove Socialから公開する動画にクローズドキャプションファイルを追加することができます。 この機能により、視聴者はソーシャルチャンネルで音声をオフにして動画を視聴できます。 さらに、ソーシャル動画にキャプションを追加すると、検索エンジンの最適化に良い影響を与える可能性があります。 今すぐキャプションを追加しましょう!

 

Audience

  • UTMパラメータの追跡

Brightcove Audienceは、動画視聴データに加え、標準のUTMパラメータの属性を追跡できるようになりました。 これらの情報をマーケティングオートメーションプラットフォームに同期させるには、こちらをご覧ください。

 

Gallery

  • モバイルエクスペリエンスの向上

Galleryの動画ポータルがモバイルでも優れたエクスペリエンスを提供できるよう、テンプレートを更新しています。テンプレートの更新方法はこちらをご覧ください。
 

  • 新しいページを立ち上げなくてもLiveイベントの配信が可能に

新しいIn-Page(ページ内)エクスペリエンスを使用すると、ライブ配信のテンプレートをを既存のWebページやCMSに埋め込むことができます。テンプレートではイベントのカウントダウン・イベント中・イベント終了後の表示など、他のLiveテンプレートと同様の機能を提供しています。既にあるページでライブ配信を開始しましょう。

 

OTT Flow

  • OTT Flowは、iOS用のApp内課金、Authenticated VODのサポートなど、40を超える機能更新を行いました。 詳細はこちらのページからデータシートをご覧いただくか、担当営業までお問い合わせください。

ブライトコーブの動画プラットフォームの全機能を見る