Brightcove Social において @メンション付きのツイートの挙動が変更されます

Twitter社は、特にソーシャルメディアアプリケーションを使ってスパム行為や嫌がらせをするユーザーの行動をコントロールするために、新しいポリシーを策定し、これらの行為を自動検出するシステムを導入しました。

1つのポリシーでは、一定の時間内に返信されない@メンションの使用を検出した場合、アカウントを凍結すると記載されています。私たちが見たユースケースでは、高校のフットボールの試合中にメンションを受けたプレイヤーは、試合中フィールド上にいる間は自分宛てのつぶやきに応答しませんでした。しかしTwitterの監視botがこのメンションを悪意のある行為と誤認し、メンション元のアカウントのTwitterへのアクセスを自動的にブロックしました。アカウントの復活は、サポートチームへ申請を提出することを要求し、停止は数時間続きました。

アカウント停止を引き起こした状況は偶然で、Twitterのポリシーに従っていました。しかし、Twitter社はこれらのような問題を膨大な規模で処理しており、プロセスを自動化することを余儀なくされています。 Q118だけで143,000件を超えるアカウントが凍結されました。

当社はこのポリシー変更に対処するため、Brightcove Socialにおいてツイートを公開する前に@メンションを #メンションに変換します。これによりユーザーのつぶやきは、メンション先のフィードに自動的に表示されなくなります。

理想的な対処法ではありませんが、この変更により、すべてのBrightcove Social ユーザーが意図しないアカウント凍結から保護されます。懸念がある場合は、担当のアカウントマネージャーにお問い合わせください。

Twitterポリシーの詳細については、Twitterルールをご覧ください。