ブログ / マーケティング

自宅を撮影スペースに変えよう「映える動画の撮り方」 Episode 8

マーケティング 8/18/2021

自宅やオフィスで手軽に動画を撮影するためのポイントを解説する「映える動画の撮り方」シリーズ。全8回に渡ってワンポイントアドバイスをお届けしてきました。

最終回となる今回のテーマは「ホームスタジオ」です。実際のホームスタジオを見ながら、ポイントを確認しましょう。

今回の記事の内容は、こちらの動画でも説明しています。


1)壁の色

shutterstock 1960889011

壁の反射は重要な問題です。やや光沢のあるライトグレーからマットなダークグレーに塗り直すと、光の調整が楽になり、カラーライトを使って壁を好きな色にできるようになりました。


2)音響

8-2

部屋に何も置いていないと、音があちこちに反響してしまいます。ソファやカーペットを置くことで少し和らげることはできますが、もっといい方法があります。吸音材を使うことです。 壁と撮影場所の真上の天井に吸音シートを取り付け、天井の他の部分には一般的な吸音パネルを取り付けました。プロ仕様の音響の完成です。


3)機材スタンド

8-3

キャスター付きスタンドに、カメラ・マイク・ライトをまとめて設置しました。機材一式をまとめて好きな場所に移動できます。コンパクトに折りたためるので、収納場所にも困りません。


4)照明

8-4

実用的な照明のほかに、おしゃれで装飾的な照明も取り付けました。どれもスマート機能付きで、スマートスピーカーに話しかけるだけで点けたり消したりできます。声だけでライティングの設定が変えられるのはとても便利です。


5)背景の統一性

背景が時間帯などによって変化しないようにすると、あとから別のシーンを追加したくなったときに継ぎ目を感じさせない映像を作成できます。


ホームスタジオのアイデアを5つお伝えしました。これらを参考にしながら、ぜひ楽しんでホームスタジオの設計をしてみてください。


ブライトコーブでは、『オンラインイベント徹底ガイド』(全17ページ)と題して、オンラインイベントの開催に必要となるノウハウをまとめたホワイトペーパーを用意しています。オンラインイベントやウェビナーの開催をご検討の方は、ぜひ、こちらからダウンロードしてみてください。