動画プラットフォームの特長

デジタル著作権管理(DRM)

Web サイト、モバイル、OTT で、ライセンス付きコンテンツの管理を簡単に

Video Cloud には複数のコンテンツ セキュリティー形式があり、その一部は同時に使うことができます。DRM(デジタル著作権管理)は、動画データを暗号化し、ライセンス ポリシーに基づいてロックを解除することで、お客様の動画コンテンツを保護します。動画コンテンツがブライトコーブのプレーヤーにロードされると、プレーヤーはライセンス サーバーにコール バックし、動画再生の許可を取得します。この処理は、視聴者からも目に見える形で実行されます。

マルチプラットフォーム DRM

Video Cloud は、Widevine、PlayReady、FairPlay などの複数の DRM フォーマットに対応したパッケージングと配信をサポートしており、ブラウザー、モバイルデバイス、セットトップ ボックスによってネイティブにサポートされている DRM を使用して、コンテンツを安全に配信できるようにしています。

ライセンス管理

Video Cloud は、それぞれの DRM のライセンス配信を管理します。したがって、個別のライセンス サーバーの設定や管理について考える必要はありません。

ポリシーの管理

コンテンツに適用されるポリシーを、ライセンス契約に適合するようにカスタマイズできます。たとえば、安全でないデバイスへの暗号化されていない出力の制限や、不正改造したデバイスでの再生の無効化、特定のデバイスのプラットフォームでの再生解像度の制限などです。

実現に向けて
ブライトコーブのエキスパートにお問い合わせください。
または、Video Cloud を 30 日間の無料体験版でお試しいただけます。