導入事例

オンライン教育の Seven Dimension、ブライトコーブを使って動画を多くの人に届ける

オンライン教育の Seven Dimension、ブライトコーブを使って動画を多くの人に届ける
ブライトコーブで、Web サイトでの動画管理とストリーミングが大きく変わりました。以前は手作業の多いプロセスでしたが、今では何度かクリックするだけで、何の苦労もなく、動画をアップロードしてストリーミングできます。これまでになく迅速に動画コンテンツを顧客に配信できるため、とても大きな利点です。
Peter RobertsonManager for Technical Operations at 7D

Seven Dimensions(7D)はオーストラリアに本拠を置く企業で、まったく新しい現場訓練コンテンツを提供しています。心理学者でありモチベーション スピーカーでもある Eve Ash 氏が率いるこの会社は、コメディタッチの教育コンテンツの開発と配信で有名になりました。

1979 年の創立以来、7D はリーダーシップ、人間関係スキル、健康、キャリア開発に関するビデオプログラムなど、700 本以上の動画を開発し、リリースしてきました。7D はまた、ビデオ学習教材、ワークショップ、セミナー、クリエイティブ制作、コンサルティングのサービスも提供しています。動画のターゲットは企業などの事業であり、7D の顧客ベースは大学などの高等教育機関や、金融機関、NPO を含めたあらゆる業界をカバーしています。

背景

動画は常に 7D のミッションのバックボーンです。優れたユーザー エクスペリエンスの提供は、長期的な成功のために重要であり続けています。動画は当初、DVD で配布されたり、社内ネットワーク上で個別のファイルとして保存されたりしていましたが、2008 年から、7D はすべての動画をオンラインス トリーミングでの配信に移行しました。

モバイル人口が増えるにつれて、モバイルデバイスでの動画視聴も劇的に増加しました。7D は、既存の動画プレーヤーでは、顧客が期待しはじめたような視聴エクスペリエンスを提供できないことを認識していました。このプレーヤーは社内で開発し、サード パーティのプロバイダからサポートを受けていました。7D は海外の視聴者にも対応する必要があったため、いつでも、どこからでも、またどんなデバイスを使用しても、動画にアクセスできることが重要な要件でした。

加えて、各動画をアップロードし、トランスコードし、ストリーミング配信するためのワークフローは、手作業で面倒なものでした。そのため、社内チームに余計な負荷をかけることもありました。さらに、多くの顧客にとって不可欠な機能である、クローズドキャプションを追加することができないという問題もありました。

目標

  • デバイスやブラウザーにかかわらず、一貫性のあるグローバルなユーザー エクスペリエンスを実現する
  • より迅速にコンテンツを消費者へ届けるため、アップロードやトランスコーディングなどバックエンドのプロセスを単純化する
  • 膨大な動画ライブラリーの管理を簡単にする

ソリューション

7D は、顧客が利用している膨大な種類のデバイスやブラウザー、OS などを考慮した上で、特別な動画エクスペリエンスを管理し配信するにあたり直面した、複雑な課題を単純化するために、Brightcove Video Cloud を選びました。

「シームレスで高品質のエクスペリエンスを毎回必ず提供することは、当社の事業においては非常に重要です」と 7D の創業者である Eve Ash 氏は説明します。「動画が再生できないということになれば、契約交渉は難航します。それに、動画はトレーニング プログラムの一部を構成してます。すべての顧客に完全なエクスペリエンスを提供できなければ、顧客はコースを完了するまでビデオ ラーニングを続けられません。」

「私たちは常に先頭を走るよう、懸命に努力しています。そしてブライトコーブは、当社のライブラリー管理をできる限り容易にすることで、バックエンドのオペレーションを助け、目標達成を支援してくれています。そして何より、クローズド キャプションのファイルをシームレスに追加することができました」と Ash 氏は続けます。

また 7D は、Video Cloud によって動画ライブラリー全体をアップロードして取り込み、トランスコードし、そして公開することで、動画ワークフロー プロセスを大幅に改善しました。また、ユーザーのデバイスやブラウザーの要件に合わせて、確実に動画が再生できるようになりました。さらに、単一ハブから動画コンテンツすべてを監視できるようにもなりました。長さやテーマの異なる何百もの動画を有しながら、7D は今や、Video Cloud を使って素早く簡単にメディア ライブラリー全体を管理、リフレッシュすることができるようになりました。

7D のテクニカル オペレーション担当マネージャー、Peter Robertson 氏は、次のように話しています。「特定の時間におけるプラットフォーム上のユーザー数を予測するのは難しいことです。世界中にいる何千人という顧客すべてが、同時に同じ動画を見ている可能性もあります。しかし、プラットフォームの負荷について心配する必要はありません。ブライトコーブは、想定通りのユーザー エクスペリエンスをいつでも提供できるという自信を私たちにもたらしてくれました。」

「ブライトコーブで、Web サイトでの動画管理とストリーミングが大きく変わりました。以前は手作業の多いプロセスでしたが、今では何度かクリックするだけで、何の苦労もなく、動画をアップロードしてストリーミングできます。これまでになく迅速に動画コンテンツを顧客に配信できるため、とても大きな利点です」と Robertson 氏は語っています。

成果

ブライトコーブとのパートナーシップにより、7D はシームレスなエクスペリエンスをすべてのデバイスとプラットフォームに提供できることに加え、多重ビットレート ストリーミングにも容易に適応できました。予測不可能なトラフィック レベルでも処理できる、スケーラブルで十分に堅固な、信頼できるプラットフォームを手に入れたことで、会社に安心がもたらされました。

次のステップ

7D は、目標指向型の分析を用いて顧客ベースをより理解しようとしています。中でも、顧客の視聴状況を追跡し、どのコンテンツがエンゲージしているか、また視聴している場所やデバイスの種類について知りたいと考えています。これらの情報により、7D は将来のコンテンツについてより良い計画を立てることができ、さらに、より的を絞ったコンテンツを配信することができるようになります。

現在、同社はブライトコーブの動画シンジケーション戦略を活用することで、Facebook や Twitter などのソーシャル メディア チャネルを用いて、動画コンテンツをより幅広く配信していこうとしています。