導入事例

ジョージタウン大学、Brightcove Gallery でオンラインのエンゲージメントを増加

ジョージタウン大学、Brightcove Gallery でオンラインのエンゲージメントを増加
以前使用していたモバイルへのアプローチは、月に合計で 1,500 ドルも費用がかかりましたが、今は Brightcove Gallery を使ってすべてを一つのパッケージにまとめることができ、iOS や Android 向けのアプリのネイティブ コードが不要になったため、すぐに月 1,500 ドルの経費削減ができました。
Scott AndersonDigital Initiatives Manager at Georgetown University

ワシントン DC にあるジョージタウン大学(Georgetown University)は 1789 年創立、全米最古のカトリック、イエズス会系の大学です。同学は私立大学で、学部、大学院、専門家育成などの 7 つのスクールに分かれており、様々なプログラムや部門、研究所が設置されています。すべてのキャンパスやプログラム(海外含む)を合わせると、ジョージタウン大学には 17,800 人を超える学生が在籍しています。U.S. News & World Report が選ぶ、トップ 25 大学(学部レベル)にランクされており、世界中からその質の高い教育を求めて学生が集まっています。そして、大学はトップクラスの教育という伝統の継続は、入学する学生たちにかかっていると考えています。したがって、オンラインでダイナミックに存在感を示すことは、新入生の勧誘に不可欠なのです。

背景

National Center for Education Statistics によると、アメリカには現在、4 年制の大学や単科大学が約 3,000 校あります。特にトップレベルの大学の間では優秀な生徒たちを巡る争いが熾烈になっており、近年、ジョージタウン大学ではコンテンツ マーケティングにおいて、入学希望者やその家族をエンゲージするために動画の使用を増やしています。

ジョージタウン大学ではフラッグシップ Web サイトを開設しており、さらに各スクールやプログラムが独自にデジタル マーケティング活動を実施しています。2014 年、大学では「Georgetown Everywhere」と冠した新たなオンライン プラットフォームを新たに立ち上げました。このサイトには、イベントの告知やキャンパス ライフに関する特集、大学のアスリートたちのストーリーなどが掲載されています。加えて、このプラットフォームには学生発の「Georgetown Buzz」というプログラムもあります。この動画を中心とした重要なサイトの立ち上げに当たり、ジョージタウン大学は堅固でコスト パフォーマンスの良いソリューションを求め、ブライトコーブをパートナーに選びました。

ソリューション

Brightcove Gallery

投資効果

  • 毎月の出費を即時に 1,500 ドル削減
  • クラウドベースのホスティングによってハードウェア投資を最小化
  • エンゲージメントと Web サイト トラフィックの向上

ソリューションの特徴

クラウドホスティング、組み込みのリード獲得機能、レスポンシブ デザイン、カスタマイズ可能性

オンラインでのリーチを促進しエンゲージメントを改善

ジョージタウン大学の渉外担当バイスプレジデント、Erik Smulson 氏は、Georgetown Everywhere 開発の動機を次のように説明します。「[目標は] キャンパス中の学部や学校が作成している素晴らしい動画コンテンツを一元化し、新しくエキサイティングな方法でジョージタウンのコミュニティなどの関心を引くことでした。優れた教員や学生、そしてジョージタウンで起こっているあらゆる素晴らしい出来事に注目してもらうため、このコンテンツを幅広いモバイル機器やタブレット端末、Web サイト、テレビなどで利用可能にするプラットフォームを作成したかったのです。」

Brightcove Gallery のパワフルで魅力的な動画エクスペリエンスのおかげで、さまざまな組織で視聴回数、コンバージョン、サイト滞在時間が改善されています。Gallery には 100 種類を超える標準テンプレートが搭載されており、レスポンシブなデザインで各種端末でのレイアウトを最適化して視聴時間を伸ばしています。

「私たちにとって大きな魅力だったのは、コスト削減でした」とジョージタウン大学のデジタル イニシアティブ マネージャー Scott Anderson 氏は言います。「以前使用していたモバイルへのアプローチは、月に合計で 1,500 も費用がかかりましたが、今は Brightcove Gallery を使ってすべてを一つのパッケージにまとめることができ、iOS や Android 向けのアプリのネイティブ コードが不要になったため、すぐに月 1,500 ドルの経費削減ができました。」

Brightcove Gallery を利用した Georgetown Everywhere は、ジョージタウン大学のブランディングの外観や印象と一致するようカスタマイズを行っても、数日で立ち上げることができました。「難しくはありませんでした」と Anderson 氏は加えます。「これほどすぐに稼働できるとは、うれしい驚きでした。」

Georgetown Everywhere には毎月、約 10 件の新規動画が追加され、このペースで行くと、2015 年末までに約 1,000 件の動画をストリーミングすることになります。Brightcove Gallery が可能にする重要な効果として、ユニークな URL を使ってプレイリストが作成できることが挙げられます。「たとえば、School of Continuing Studies が独自のプレイリストを持つことができます。カタールでのプログラムでも同様です」と Anderson 氏は述べます。「このようにすれば、個々の Web サイトから自分たちの動画にリンクできます。」

Georgetown Everywhere が究極的に意図するのは、より効果的なエンゲージメントです。「学生が大学について調べるときは、自分がそのコミュニティにどう適応できるかを確認したいものです」と Anderson 氏は続けます。私たちの動画の多くは、あなたもこのコミュニティの一員になれるんだよ、というメッセージを伝えるような学生の表情や声を重視しています。また、Georgetown Everywhere は大学を訪れる著名人も取り上げます。オバマ大統領、FBI 長官、世界銀行総裁がジョージタウン大学で講演しました。受験生は興味深い画像を見るとクリックします。そしてエンゲージメントが向上するわけです。」