社内コミュニケーション / フライトウェーブ

Freightwavesが年次カスタマーイベントをバーチャルで開催し、想像を超える数の聴衆に訴求した方法。

オンラインで注文した商品を、物流業者がどのように配送してくれるのか、気になったことはありませんか?あるいは、時間通りに配達するために情報をどのように入手しているのでしょうか?しばしば「貨物のブルームバーグ」と呼ばれるFreightWavesは、世界の物流業界の分析、ニュース、コンテキストのための主要な情報源となっています。そして、世界経済の60%がサプライチェーンを通じた製品の移動に依存しており、FreightWavesは必要不可欠な存在なのです。

FreightWavesの創設者兼CEOであるCraig Fullerは、物流業界に親しんで育ちました。父親が自分の物流会社を上場させたとき、Craig FullerはCNBCとブルームバーグTVの虜になりました。実際、データと情報がエンターテイメントと組み合わさっているのを見ることが、FreightWavesを始めるにあたっての彼の主なインスピレーションとなりました。「当社が登場する前は、リアルタイムのニュースネットワークやデータネットワークがなく、物流で何が起こっているのか、その状況を伝えることができなかったのです。 Behind the scenes look at FreightWaves' virtual event

データはFreightWavesのビジネスの中核であり、輸送会社はあらゆる場面で意思決定を行うために日々そのデータに頼っています。「COVID-19以前は、ほとんどの人が物流を眠ったような退屈な業界で、あまり面白みがないと思っていたと思います」とCraig Fullerは言います。"トイレットペーパーから食品・食料品、PPE製品に至るまで、物流業界がいかに効果的に配送してきたかを考えれば、物流業界の機能は重要だと思います。" FreightWaveのほぼリアルタイムな情報の流れがなければ、顧客は、オペレーションの方向性や予測不可能な天候や出来事への対応について、迅速な判断を下すことができないでしょう。

FreightWavesはサプライチェーンに焦点を当てたニュースや情報を提供しているため、彼らのユニークな視点は、2020年のまさに最初の段階で、COVID-19の影響を示す初期の指標を見つけました。これまでFreightWavesは通常、ジョージア州アトランタで毎年恒例の顧客向けイベントを開催し、約2,500人を動員していました。しかし、COVID-19に関する懸念が高まる中、彼らはすぐにこの課題に取り組み、仮想イベント体験にシフトしたのです。

「オンラインイベントをやるなら、視聴者が3日間、ずっと見ていてくれるようにしたい、と思ったのです。そこで、この3日間は、基本的にオンラインイベントをケーブルテレビのネットワークとして扱いました」とCraig Fullerは語っています。「ブライトコーブのようなパートナーだけでなく、本当に素晴らしい制作チームがここにいました。」

FreightWavesは、物理的なイベントに参加する人数を通常2500人に制限する代わりに、オンラインイベントに参加した結果、リーチを3600%(!)以上増やすことができました。「オンラインイベントを行ったとき、92,000人のユニークな人々が視聴し、500万分以上のストリーミング・コンテンツが流れ、私たちは驚きました。」 Cameraman filming content during FreightWaves' virtual event

対面のイベントの将来は、当分の間、リスクと不確実性が残るため、FreightWavesはバーチャルファーストの考えを持ち続ける予定です。「ほとんどのコンテンツ・ビジネスにとって、バーチャルが好ましいプラットフォームとなる世界だと思います。高品質で、高度に制作された、適切なコンテンツを、ビデオ・オン・デマンドやライブで提供することです。動画プラットフォームを通じて得られるマーケティングや顧客エンゲージメントの利点は言うまでもありません」とFuller氏は言います。

規模、到達範囲、メッセージングのコントロール、そしてイベント終了後もコンテンツが生き続けることを保証する能力は、バーチャルイベント体験の利点のほんの一部に過ぎません。イベント主催者に変化を受け入れ、バーチャルの可能性に想像力を働かせることをFuller氏は勧めています。「多くの人は、オンラインイベントを対面式のイベントの複製にしたがりますが、実はそれは間違いだと思います。なぜなら、そうすると、動画で実際にできることが制限されてしまうからです」と彼は言います。「私は動画の大ファンです。私たちの武器であることは間違いありませんし、これからもそうでしょう。」

関連するお客様の声

何かお探しですか?
動画の活用を始めませんか?