導入事例

Crash Media、Brightcove 利用で月間動画ビュー数200 万件を達成、収益も急増

ブライトコーブに変えてから、わずか2か月という期間内で月間200万ビューを達成できたのです。
James KnockCMO, Crash Media Group

Crash Media Group は、オンラインのスポーツ パブリッシャーであり、デジタル メディア代理店です。最大規模の F1、スポーツカー/バイク、ゴルフ、プレミアム・モーターサイクル関係のウェブサイトを所有しています。月間訪問者数 300 万人以上、月間ページビュー数 1200 万以上と急増するオーディエンスを背景に、ユーザーと広告主の両方から動画コンテンツへの要望が高まる中、CMGは成長中の事業を支える動画プレーヤーの必要性に迫られました。YouTube と JWPlayer という他のプラットフォームでの動画とプレロール広告、そして収益増加の試みに失敗したのち、CMG はブライトコーブを頼りました。

2018 年半ばに Brightcove を取り入れると、CMG のオーディエンスは拡大、月間 200 万の動画ビューを達成し、会社も大きく成長しました。こちらの顧客による体験談動画では、Crash Media がどのようにブライトコーブのソリューションを活用して大きく前進し、なぜ今後もブライトコーブとともに行う包括的な動画戦略に時間とお金を費やそうと考えているのかをご覧いただけます。

「Brightcove と当社の広告スタックとの統合はシームレスで、当社の F1、ゴルフ、自動車ファンというプレミアムなオーディエンスと広告主をつなぐことが可能になりました。これは当社プラットフォームだけでは不可能だったことです。」と Crash Media Group の CMO、James Knock は言います。「動画は Crash Media にとって非常に重要ですから、社内の動画コンテンツチームには当然投資を続けていきますが、ユーザーや広告主に最高の体験を提供するためにもブライトコーブのような最先端のテクノロジー パートナーにも同じように投資していきます」