導入事例

オーストラリアの大手出版 Cirrus Media、動画でオンライン オーディエンスのエンゲージメントを倍増

オーストラリアの大手出版 Cirrus Media、動画でオンライン オーディエンスのエンゲージメントを倍増
ブライトコーブと StreamZ とのパートナーシップにより、さらに素早く簡単に、より多くの動画コンテンツをこれまで以上に多くの視聴者に届けることが可能になりました。
Jon SimmonsFormer Creative Director at Cirrus Media

Cirrus Media は、企業間取引専門(B2B)の出版やイベントを取り扱うオーストラリアの企業で、特にヘルスケア分野に力を入れています。同社では、Phamacy NewsAustralian DoctorMedia Observer をはじめとする主要 4 誌を発行しているほか、幅広い専門家向けマイクロサイトを主宰しています。2013 年に Reed Business Information(RBI)から独立して以来、Cirrus Media はオーストラリアでも指折りの B2B コンテンツ、教育、イベント企業のひとつとしての地位を確立し、現在ではオンラインと印刷物合わせて 680,000 件もの会員数を誇っています。

オンライン オーディエンスをエンゲージする新たな方法を求めて

動画は Cirrsus Media のコンテンツ戦略として不可欠であり、すべての発行物においてオーディエンスのエンゲージメントを高める方法として活用されています。動画の内容は多種に渡り、業界の専門家へのインタビューやニュース速報、アドバイスや学習など、出版物の内容を補完しています。オンライン出版物内で取り上げる動画コンテンツが成功をおさめたため、Cirrus Media はこのようなコンテンツを最大のイベントパートナーのためにも作成することにしました。

2016 年、Cirrus Media が発行している Pharmacy News が、薬局経営者の団体である Pharmacy Guild of Australiaが毎年開催している同国最大の製薬業界イベント Australian Pharmacy Professional Conference(APP)のメディアパートナーに 3 年連続で指名されました。Cirrus Media はメディアパートナーとして、参加者インタビューやキーノート セッションなど、イベント向けの動画を制作しました。Cirrus Media の 2016 年の目標は、動画制作と公開のワークフローの改善でした。それまで、動画コンテンツの制作、編集、オンラインハブへのアップロードのプロセスは、大変な労力と時間を要していました。制作チームは、コンテンツの編集とアップロードに時間を取られ、イベント後数日間はコンテンツを公開することはできませんでした。公開が遅れている間に、イベントの興奮はすでに消え去り、オーディエンスのオンライン エンゲージメントやイベントの ROI に深刻な影響が生じてしまっていたのです。

Cirrus Media は、オーディエンスのエンゲージメントを拡大する中で動画コンテンツ公開の重要性に気づきました。そして、既存のワークフローやバックエンドプロセスを見直し、APP イベント終了後、より迅速に動画コンテンツを制作し、アップロードすることにしたのです。

目標

  • バックエンド プロセスを単純化する。対象となるプロセスにはアップロードやトランスコード、さらに動画コンテンツの管理も含みます。
  • より多くのコンテンツを、より迅速にオンライン オーディエンスに配信する。
  • コンテンツとイベントで、オーディエンスのエンゲージメントを増加させる。

バックエンド プロセスの合理化でさらにエンゲージメントの高いオンライン エクスペリエンスを

APP イベント中のオンライン動画ワークフローを刷新するため、Cirrus Media は ブライトコーブの Video Cloud をソリューションに選びました。動画の取り込み、トランスコード、タグ付け、共有、そしてアップロードがよりシンプルに行えるようになりました。また、放送業界にストリーミングソリューションを提供する StreamZ との協力で、Cirrus Media はコンテンツの撮影後、ほぼ即座にオーディエンスに届けることができるようになりました。

Brightcove と StreamZ とのパートナーシップにより、Cirrus Media はコスト効率を犠牲にすることなく、より素早くより多くの動画コンテンツを制作することが可能になったのです。

当時 Cirrus Media の Creative Director だった Jon Simmons 氏はこうコメントしています。「ブライトコーブと StreamZ とのパートナーシップにより、当社はより多くの視聴者に、より素早く簡単に、より多くの動画コンテンツを届けることが可能になりました。大量のコンテンツをキャプチャして、わずか 10 分で、それを公開することができたのです。これほどの短納期はメディア業界では前例がなく、他社との競合において非常に大きなメリットになりました。」

「イベントの撮影やコンテンツの制作、そして動画アップロードのために、制作クルーを丸ごとイベント会場へ送り込む必要がなくなりました。現場にはカメラクルーがいれば十分です。ほかの作業はすべて遠隔で行うことができました。ですから予算に大きな負担をかけることはなく、さらに配信のスピードを妥協する必要もありませんでした。」

ブライトコーブのオンライン プラットフォームでは、ひとつのハブに動画コンテンツをすべてアップロードし、そこにチームの全員がアクセスすることができます。公開されるまでの間、編集や承認のためにコンテンツが数多くのタッチポイントを通過するのはよくあることです。Cirrus Media はブライトコーブを活用し、すべての関係者にコンテンツを流すことで、編集や承認、コンテンツのアップロードをシームレスな作業を実現し、公開までの時間の短縮につなげました。

わずか数文字あるいは数単語で動画にタグ付けできる機能(例えば、ある人のスピーチにその人の名前をタグとして付加する)によって、ソーシャルメディア チームは動画を簡単にシェアできるようになりました。何度もコンテンツを埋め込みなおす代わりに、関連するタグを打ち込むだけでシェアできるからです。これにより、アップロードにかかる時間と全体の労力は劇的に改善しました。

エンゲージメントへのカギはオンデマンド動画

ブライトコーブの利用と StreamZ とのパートナーシップにより、Cirrus Media はそれまで何日単位で必要だった動画のアップロードと公開までの時間を何分単位まで短縮しました。イベント動画がすぐに公開されることで、オーディエンスのエンゲージメントと視聴者数は増加しました。

「撮影から数分以内にコンテンツを制作し公開できるということが大きなアピールとなり、オーディエンスのエンゲージメントとリテンションを高めることにつながりました。これはイベント中だけでなく、イベント後にも続きました。今日のように目まぐるしく環境が変化する時代においては、消費者は今起こっていることをコンテンツとして求めます。翌日に動画を投稿するというのでは十分ではありません。人はすでにほかのことに移って行ってしまっているからです。オーディエンスの注意を引き付けるためには、コンテンツをできる限り早く投稿する必要があるのです。ブライトコーブなしではこれは不可能でした」と Simmons 氏は語りました。

前年と比較すると、会議が行われた 3 日間にわたり、動画視聴数は 250% 増加、特にイベント初日の視聴数は 3,200% もの増加率を記録しました。イベント終了後の 4 週間でも、動画視聴回数は 225% 増加しました。

「ブライトコーブのプラットフォームが可能にした納期の早さが、会議前から実施していた下準備と組み合わさり、オーディエンスのエンゲージメント増加に直接寄与したのです」と、Simmons 氏は言います。「ブライトコーブは当社のオンライン動画の屋台骨です。これほど膨大な量のコンテンツを、これほど短時間で公開できるようにしてくれるソリューションは他にありません。」

オンライン動画コンテンツをさらに売り込むために

Cirrus Media はそのオンライン出版メディアすべてのオンライン動画プラットフォームで活用するために、ブライトコーブとのパートナーシップを維持していきます。同社はまた、視聴者のオンラインエクスペリエンスをより魅力のあるものにするためのソリューションを検討しており、ブライトコーブが持つ SNS 機能を活用して、同社のソーシャルメディア チャンネルに直接動画コンテンツを配信しようとしています。

Cirrus Media では、すでにブライトコーブの解析機能をオンライン出版メディアで利用していますが、今後はイベント動画にも解析を行っていこうとしています。これにより、視聴者のエンゲージメントへのより深いインサイトを得て、スポンサー付きコンテンツのパートナーに ROI を実証することが可能になると期待しています。

さらに 、Cirrus Media はブライトコーブの自動再生機能に着目しています。

「オーディエンスが動画を一本見終わると、続いて一連の動画を自動で再生していくブライトコーブの機能は、本当に強力です」と Simmons 氏は言います。「この機能はすでに当社のオンライン出版メディアで制作しているオンライン動画コンテンツで実施していますが、これによって視聴者の動画の見方が大きく変わってきています。視聴者に、より多くのコンテンツを次々に見せることが、実に強力なエンゲージメント率とリテンション率につながっています。これを当社のすべての動画で実現することを検討しています。」