Context Aware Encoding
Context Aware Encoding

Context Aware Encoding で動画のコストを削減

ホワイト ペーパーを読む動画を視聴
ブライトコーブの画期的な動画圧縮技術で、動画の保存とストリーミングにかかるコストを下げましょう。

Streaming Media による Best of NAB 2018と NewBay Media による Best of Show 2018を受賞

ビットレートを下げても快適な再生パフォーマンス

Context Aware Encoding(CAE)は、マシン ラーニングと動画のディープ アナリシス(深掘り分析)を使って、それぞれの動画に最適な画質を必要最低限のビット数で実現します。他のエンコーディング ソリューションと違い、CAE は動画体験のより広いコンテクストを考慮しています。動画コンテンツの複雑さと予測される視聴環境の組み合わせに応じて、カスタム化したエンコーディング プロファイルを作成しているのです。結果として、より質の高い動画を素早く再生でき、バッファリングも減らすことができます。

保存と配信のコストを最大 50% 削減

CAE はパワフルなアルゴリズムを使用して各動画を個別に分析し、最適なビットレート ラダーを生成します。このプロセスにより、レンディションはより少なく、小さくなり、結果として保存と配信のコストが削減できます。何百本もの動画や数百万ものストリーミングを管理するコンテンツ オーナー様に、CAE は容量と使用帯域幅の両面で魅力的なコスト削減をもたらします。

動画のワークフローを劇的に合理化

CAE は Video Cloud に直接組み込まれます。そのため、すでに Brightcove 製品をお使いのお客様も、ワークフローを変更することなくこのサービスをご活用いただけます。動画ごとの自動最適化によって、コンテンツ オーナーの皆様の動画管理にまつわる問題は大きく解消されるでしょう。
始めてみましょう。
保存/配信コストの削減で Brightcove をどのように利用できるかについて、ブライトコーブ担当者までお問い合わせください。