ブライトコーブ、Zencoder Live Cloud Transcodingを正式発売

3/27/2013

Live Cloud Transcoding APIでマルチスクリーン向けライブストリーミングの配信を実現

ブライトコーブ株式会社(所在地:東京都渋谷区、CEO 兼代表取締役社長:橋本 久茂、以下 ブライトコーブ)は、米国本社である Brightcove Inc.(本社:米国マサチューセッツ州ボストン、会長兼 CEO:Jeremy Allaire、NASDAQ:BCOV、以下 米 Brightcove 社)が現地時間2013年3月26日、Zencoder Live Cloud Transcoding の一般向けサービスを開始したことをお知らせします。

Live Cloud Transcoding はクラウド内でのライブ動画エンコーディング向けオープン API で、これによってコンテンツ プロバイダはライブ エンコーディング リソースを瞬時に増減できるため、オンプレミス ハードウェアに多額の投資をすることなく、アダプティブ ビットレート ストリームを提供することができます。

コンテンツ プロバイダは、ライブ イベントのトランスコーディングに関していくつかの課題に直面しています。その1つは、高額なトランスコーディング ハードウェアの購入、管理、設定が必要だという点です。イベントが終わると、この種の機材は次回のイベントまで出番がなくなります。また、イベント サイトでのアップリンク帯域幅がボトルネックとなり、アダプティブ ビットレート ストリームのパブリッシュ能力が制限されたり、アウトバウンド帯域幅の確保にコストがかかり、イベント コストが大幅にアップしてしまうという問題もあります。この種のソリューションのスケーラビリティや運用に伴う費用と手間は、出力ストリームやフォーマット数、そして同時イベント数の増加に伴ってさらに増えます。

Live Cloud Transcoding API は、ライブ ストリーム トランスコーディングの手間と初期コストを大幅に軽減してくれます。コンテンツ プロバイダはエンコーディング リソースにオンデマンドでアクセスでき、使用したトランスコーディング リソース量に応じて、従量制で課金されます。Live Cloud Transcoding ではコンテンツ プロバイダは、ラップトップ コンピュータ上の軽量エンコーダを使用して RTMP ストリームを Zencoder サービスに送信し、クラウド上でアダプティブ ビットレート HLS および RTMP ストリームを作成して、あらゆるデバイスを利用している視聴者に高品質のエクスペリエンスを提供することができます。

【価格と販売時期】
Zencoder Live Cloud Transcoding は現在全世界で販売中です。Live Cloud Transcoding は入出力動画ストリームの長さ、品質と量に応じて課金され、1 時間あたりわずか 1,200 円から利用することができます。月額プランや使用量に応じた割引、さらにお得なボリューム ディスカウントが設定された年間プランもあります。

このサービスは Flash Media Live Encoder、XSplit、OBS、Wirecast などの主要なソフトウェア エンコーダや、Elemental などの人気のある市販のハードウェア エンコーダからの入力ストリームに対応しています。今回のリリースにおいて Live Cloud Transcoding は、RTMP と HLS 出力をサポートします。RTMP 配信は Flash Media Server や Wowza などのメディア サーバー、Akamai、EdgeCast、Limelight コンテンツ配信ネットワーク上の RTMP サーバーで行うことができます。HLS プロトコルを使用したストリーム配信は、標準の HTTP サーバーまたは CDN で行えます。

詳細および無料の Zencoder アカウント登録は、http://www.zencoder.com にアクセスしてください。
 

【Brightcove Inc.について】
米 Brightcove 社(NASDAQ:BCOV)は、クラウドコンテンツ サービスの先進的なグローバル プロバイダであり、世界中のプロフェッショナルなデジタル メディアの公開と配信に使用される製品ファミリーを提供しています。製品には、市場をリードするオンライン動画プラットフォームの Brightcove Video Cloud、そしてクラウドベースのメディア処理サービスでHTML5 動画プレーヤ技術を提供する Zencoder があります。これらを合わせると、60 か国に及ぶ 6,350 以上のお客様がブライトコーブのクラウドコンテンツ サービスを利用し、PC、スマートフォン、タブレット、コネクティッドTVにおいて非常に優れたメディア エクスペリエンスを構築し運営しています。

【ブライトコーブ 会社概要】
社名(商号): ブライトコーブ株式会社(英文名 Brightcove K.K.)
設立    : 2008 年 6 月
代表者   : CEO 兼代表取締役社長 橋本 久茂
所在地   : 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南 3-1-19 恵比寿ライトビル 2F
        Tel: 03-6303-2985 Fax: 03-6303-2986
URL    : http://www.brightcove.com/ja/
事業内容  :
(1) 動画およびその他のリッチメディアコンテンツ用プラットフォームサービス提供業務
(2) 動画およびその他のリッチメディアコンテンツの運用コンサルティングおよびサポート業務

【本件に関する報道関係お問い合わせ先】
ブライトコーブ株式会社 マーケティングコミュニケーションズ
担当 : 中尾
Tel: 03-6303-2985 Email: pr-japan@brightcove.com
 

※ 本プレスリリースは、予測される目標、成長、製品やサービスの開発あるいは強化の予定など、将来の見通しに関する記述を含んでいます。そうした将来の見通しに関する記述は(特に)、「考えます」、「期待します」、「可能性があります」、「するつもりです」、「計画します」、「はずです」、「予測します」、その他、これらと同様の表現およびそれらの否定語を使って表記されていることにより識別することができます。これらの将来の見通しに関する記述は保証ではなく、リスクや不確定要素により、本文書に述べられている予測と大きく異なる実際の結果を発生する可能性があります。このようなリスクや不確実性に関する内容については、Brightcove Inc. が米国証券取引委員会に提出している書類(フォーム 10-Q に記載している直近の四半期報告を含む)にある「リスク要因」をご参照ください。ブライトコーブは、状況変化の有無にかかわらず本プレスリリースに含まれる将来の見通しに関する記述を更新する義務を負うものではなく、そのような記述は発行された日付現在のものです。

Still haven't found what you're looking for?

Ready to get started?