No results found
ブライトコーブ ブログ

メディア&マネタイズ

米国におけるライブスポーツ観戦はデジタルが主流に

米国におけるライブスポーツ観戦はデジタルが主流に

新型コロナウイルスによるパンデミックの影響で、米国におけるスポーツの試合は中止を余儀なくされていますが、デジタルライブスポーツ中継の視聴率は、インターネット上での視聴の継続的な成長と有料ケーブルテレビ離れの加速により、今年も14%以上増加すると見られます。 デジタルスポーツの視聴者に関する我々の最初の予測によると、米国では3,650万人が今年、スポーツの生中継をデジタルで視聴すると見られていました。これには、少なくとも1つのスポーツシーズン中に毎月ライブスポーツを視聴するすべての年齢の個人が含まれます。2020年の後半には、一部のライブスポーツが再び視聴されると予測されます。今年は、米国のスポーツ観戦者のうち、ほぼ4人に1人(23.7%)がデジタルチャンネルを介して視聴するでしょう。

米国調査:パンデミックの間にSVODが急成長。パンデミック鎮静後に利用を減らすと回答したのはわずか21%

米国調査:パンデミックの間にSVODが急成長。パンデミック鎮静後に利用を減らすと回答したのはわずか21%

本記事は、Video Mindブログ「Survey: SVOD jumps during pandemic; just 21% say they’ll cut back after its over」(2020.6.10掲載)の抄訳です。 2020年5月18日の週に米国の成人2,639人を対象にオンライン調査が実施されました。調査回答者の半数以上(56%)は、COVID-19のパンデミックが宣言されて以来、SVOD(定額制動画配信)サービスの利用を増やしたと述べています。驚くべきことではありませんが、最大の影響は18〜29歳の若い視聴者からきています。また、彼らのほぼ3分の2(66%)が、有料動画配信サービスの利用が増加していると述べています。

改めて考えるOTTの価値とは?

改めて考えるOTTの価値とは?

2020年1月31日に、『Q3 2019 Brightcove Global Video Index』の日本語版が公開されました。本レポートは、ブライトコーブの顧客企業が保有する、匿名化された動画の視聴データを集計したものです。毎四半期に公開され、OTT(Over The Top)に取り組む企業にとって有用なレポートとなります。しかし、OTTという言葉を初めて聞く方や、OTTを知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか? 本投稿では、改めてOTTとは何なのかをブライトコーブ 川延が説明します。 OTTとは? OTTとはOver The Topの略称で、従来動画配信に利用されていた電波放送・衛星放送・ケーブル放送をバイパスし、インターネットで動画を閲覧することを意味します。

//Video Addict// Vol.6 rtv 須澤氏 (前編)〜ローカルスポーツ特化の配信マン誕生〜

//Video Addict// Vol.6 rtv 須澤氏 (前編)〜ローカルスポーツ特化の配信マン誕生〜

Video Addict Vol.6は、関西を中心にアメリカンフットボール専門の動画メディア『American Football Live by rtv』の運営や小規模のローカルスポーツ配信をする株式会社rtv(以下 rtv)を取材します。rtvは2012年に関西学生アメリカンフットボール連盟との協業でリーグの公式Live配信を開始して以来、アメリカンフットボールのみならず様々なローカルスポーツをLive配信する事業をされてきました。なぜ、これまで主要メディアが取り上げなかったようなスポーツの動画配信に携わっているのか?同社代表取締役の須澤氏にお聞きします。 須澤 壮太(すざわ そうた)氏 株式会社rtv 代表取締役 1989年長野県生まれ。立命館大学映像学部卒業。

//Video Addict// Vol.5 MBS 村田氏 (後編)〜配信実績を積み、伝えていくこと〜

//Video Addict// Vol.5 MBS 村田氏 (後編)〜配信実績を積み、伝えていくこと〜

前編ではMBS 村田氏の経歴や、MBSでどのように働かれているのかをお話頂きました。後編は、同社におけるLive配信の取り組みについて詳しくお聞きします。 同じ内容を同じやり方でLive配信しても、ビジネスとしてスケールしない   BC土屋 現在村田さんの業務としては、オンデマンド配信ではなくLive配信がメインとのことですが、どの程度の頻度でLive配信を実施されているのでしょうか? MBS村田氏 毎年増えているのですが、2018年で50本程度のLive配信を実施しまして、そのほぼ全てのディレクションに携わっています。規模の大小はありますが、Live配信の種類も増えてきました。

//Video Addict// Vol.5 MBS 村田氏 (前編)〜竹の研究から動画配信ビジネスまで〜

//Video Addict// Vol.5 MBS 村田氏 (前編)〜竹の研究から動画配信ビジネスまで〜

Video Addict Vol.5は、在阪放送局である株式会社毎日放送(以下 MBS)を取材します。MBSでは、同社の番組とイベントをITを利用して面白くすることを目的とし、『Hack On Air MBSハッカソン』を2014年〜2017年に渡り開催するなど、テレビ局のデジタルトランスフォーメーションに早くから取り組まれてきました。2015年からは無料動画配信サービス『MBSオンデマンド』、2016年からは定額見放題サービス『MBS動画イズム』のサービス提供を開始しています。関西のテレビ局において、常に先進的な取り組みを実践される背景にはどのような秘密があるのか...? MBS コンテンツビジネス局  ITビジネス部の村田さんにお話をお聞きします。