ブライトコーブ ブログ

メディア&マネタイズ

//Video Addict// Vol.6 rtv 須澤氏 (前編)〜ローカルスポーツ特化の配信マン誕生〜

//Video Addict// Vol.6 rtv 須澤氏 (前編)〜ローカルスポーツ特化の配信マン誕生〜

Video Addict Vol.6は、関西を中心にアメリカンフットボール専門の動画メディア『American Football Live by rtv』の運営や小規模のローカルスポーツ配信をする株式会社rtv(以下 rtv)を取材します。rtvは2012年に関西学生アメリカンフットボール連盟との協業でリーグの公式Live配信を開始して以来、アメリカンフットボールのみならず様々なローカルスポーツをLive配信する事業をされてきました。なぜ、これまで主要メディアが取り上げなかったようなスポーツの動画配信に携わっているのか?同社代表取締役の須澤氏にお聞きします。 須澤 壮太(すざわ そうた)氏 株式会社rtv 代表取締役 1989年長野県生まれ。立命館大学映像学部卒業。

//Video Addict// Vol.5 MBS 村田氏 (後編)〜配信実績を積み、伝えていくこと〜

//Video Addict// Vol.5 MBS 村田氏 (後編)〜配信実績を積み、伝えていくこと〜

前編ではMBS 村田氏の経歴や、MBSでどのように働かれているのかをお話頂きました。後編は、同社におけるLive配信の取り組みについて詳しくお聞きします。 同じ内容を同じやり方でLive配信しても、ビジネスとしてスケールしない   BC土屋 現在村田さんの業務としては、オンデマンド配信ではなくLive配信がメインとのことですが、どの程度の頻度でLive配信を実施されているのでしょうか? MBS村田氏 毎年増えているのですが、2018年で50本程度のLive配信を実施しまして、そのほぼ全てのディレクションに携わっています。規模の大小はありますが、Live配信の種類も増えてきました。

//Video Addict// Vol.5 MBS 村田氏 (前編)〜竹の研究から動画配信ビジネスまで〜

//Video Addict// Vol.5 MBS 村田氏 (前編)〜竹の研究から動画配信ビジネスまで〜

Video Addict Vol.5は、在阪放送局である株式会社毎日放送(以下 MBS)を取材します。MBSでは、同社の番組とイベントをITを利用して面白くすることを目的とし、『Hack On Air MBSハッカソン』を2014年〜2017年に渡り開催するなど、テレビ局のデジタルトランスフォーメーションに早くから取り組まれてきました。2015年からは無料動画配信サービス『MBSオンデマンド』、2016年からは定額見放題サービス『MBS動画イズム』のサービス提供を開始しています。関西のテレビ局において、常に先進的な取り組みを実践される背景にはどのような秘密があるのか...? MBS コンテンツビジネス局  ITビジネス部の村田さんにお話をお聞きします。

//Video Addict// Vol.4  GYAO 本庄氏(後編)〜プレミアムライブ配信を多数経験して〜

//Video Addict// Vol.4 GYAO 本庄氏(後編)〜プレミアムライブ配信を多数経験して〜

Video Addict Vol.4 後半は、GYAO!のライブ配信に関する取り組みをお話頂きます。 週に1回、年間約 50本のLiveを配信   ブライトコーブ(以下BC)土屋 GYAOに転職後、チャレンジングな取り組みはありましたか? GYAO本庄氏 あるアイドルのコンサートを、マルチアングルでLive配信したことです。準備期間を含めて、面白い取り組みが出来たと自負しています。お話した通り(前編を参照)、マルチアングル自体は以前所属していた会社で経験はありました。ただ、このコンサートでは、画作りから携わったことが個人的にチャレンジングでした。通常、このようなコンサートでは、アーティスト側の制作スタッフやカメラクルーが撮影をし、我々は配信の部分のみを担います。

//Video Addict// Vol.4  GYAO 本庄氏(前編)〜動画配信サービス請負人〜

//Video Addict// Vol.4 GYAO 本庄氏(前編)〜動画配信サービス請負人〜

Video Addict Vol.4は、無料動画配信サービス『GYAO!』をヤフー株式会社と共同で運営する株式会社GYAO(以下 GYAO)を取材します。インターネット動画配信業界においてGYAO!の歴史は古く、2005年4月に「パソコンテレビGyaO」が開始されたことが始まりです。当時、充実した番組ラインナップと無料サービスであることが話題になり、開始1年で会員数が1,000万人を突破しました。2009年にYahoo!動画と統合された後も、独自性の高いコンテンツを配信しています。今回は、過去に様々な動画配信サービスに関与された、GYAO 変革推進室 兼 コンテンツビジネス本部 コンテンツプロデュース部 本庄氏にお話頂きました。

//Video Addict// Vol.3 朝日新聞 瀬戸口氏(後編)〜各新聞社を超えた繋がりを〜

//Video Addict// Vol.3 朝日新聞 瀬戸口氏(後編)〜各新聞社を超えた繋がりを〜

前編に引き続き、朝日新聞社 瀬戸口氏に、新しい企画に取り組むためのスキルセットや、今後の展望についてお話頂きます。 朝日新聞社がもつイベントの価値を最大化   BC土屋 瀬戸口さん個人として、今まで携わられた動画に関するお仕事で、最も印象的だったのはどのような出来事なのでしょうか。 AS瀬戸口氏 カメラマンとしては、新元号「令和」発表の取材ですね。発表の瞬間、あの冷静沈着な官房長官が緊張している様子がファインダー越しに伝わり、手が震えました。時代の転換点を視聴者の目と耳になってお届けすることができたのは、身に余る光栄なことだと思いました。 ゼロベースから立ち上げた企画では、長い歴史の中での初の取り組みとして、全日本吹奏楽コンクールの動画を配信したことです。全日本