ブライトコーブと動画業界

動画のパフォーマンスを改善させるためのポイント

動画のパフォーマンスを改善させるためのポイント

より多くの再生数を獲得するには?より多くの動画を見てもらうには?私たちはこのような質問を上司から尋ねられている皆様と数え切れないほど協力してきました。そこで、これまでの知見をもとに、動画のパフォーマンスを向上するためにすぐに取り組むことができる手順をまとめてみました。   課題1: より多くの人に動画をクリックしてもらうには せっかく作ったコンテンツが視聴者に関心を持ってもらえないときは、改善ポイントが必ずあります。まずは動画のサムネイル、動画の大きさ、ページの配置について考えてみましょう。   【ステップ1】サムネイル画像、タイトル、説明を強化する ウェブサイトの訪問者は、動画の視聴に1-2分の時間を割くことさえも躊躇します。

ブライトコーブ、2018 FIFAワールドカップの動画をカンタス航空機内で提供

ブライトコーブ、2018 FIFAワールドカップの動画をカンタス航空機内で提供

地上ではどこにでもあるWi-Fiも、飛行機の乗客にとってはまだまだ一般的ではありません。 カンタス航空は、昨年4月にオーストラリア国内で初めて機内Wi-Fiの提供を開始し、上空でインターネットに接続したい人には大きなメリットになりました。 今月、Brightcoveはカンタス航空と協力して、2018 FIFAワールドカップのハイライト動画をWi-Fi搭載の国内線の一部の乗客に提供しています。このコンテンツは、ワールドカップ ロシア大会の熱戦を紹介する25分のデイリーハイライトとなっており、カンタス航空の機内Wi-Fiポータルを通じて視聴可能です。 今回重要になるのが、ワールドカップのコンテンツに沿った内容の広告を配信することです。

社内の動画配信を安定化!注目のソリューション「eCDN」(3/3)

社内の動画配信を安定化!注目のソリューション「eCDN」(3/3)

こんにちは、ブライトコーブ株式会社の大野です。 今回は前回のMulticast+に引き続き、ramp社のソリューションである「OmniCache™」についてご紹介差し上げます。 OmniCache™は前回のMulticast+と似て非なるeCDNソリューションとなり、OmniCache™をインストールしたキャッシュサーバーを社内のネットワークに構築する必要があります。

PLAY Tokyo 2018 ―ゲームとスタンプラリーに参加して豪華景品をゲット!

PLAY Tokyo 2018 ―ゲームとスタンプラリーに参加して豪華景品をゲット!

※写真は去年の景品です。 毎年豪華な景品が話題になることでお馴染みのBrightcove PLAY Tokyo ですが、今年はブライトコーブが日本法人設立10周年ということで、10周年にちなんだゲームもご用意しております! 10周年記念ゲーム スタンプラリー 2つのプログラムがありどちらも来場者全員がご参加可能ですが、もらえる景品が異なりますのでよくご確認ください!   ①Challenge 10 Years Anniversary Game! 10周年記念ゲームに参加しよう!   会場の風景写真を撮影し、会場内の特設モニターに投稿! ホワイエにありますCanvas様のブースでゲームに参加できます。

PLAY Tokyo 2018 ー3分でわかるセッション紹介

PLAY Tokyo 2018 ー3分でわかるセッション紹介

PLAY Tokyo 2018 2018年7月6日(金) @グランドハイアット東京 今年も動画配信ビジネスや動画をマーケティングに活用いただいている企業が数多く登壇します。セッションを簡単にご紹介いたします! >>> https://playtokyo2018.brightcove.com/ ━━━━━━━━━━━━━━━ <午前> Morning Blockbuster ブライトコーブ代表の伊崎と米Brightcove Inc CEOのJeff Rayが弊社と現在の世界を取り巻く動画ビジネス市場の概況をご紹介します。また、お客様をお招きし、メディアビジネス、動画マーケティングにおける成功事例を語って頂きます。 製品情報のアップデートも行います。

Video Marketing Seminar in Tokyo を開催しました。

Video Marketing Seminar in Tokyo を開催しました。

5月17日(木) 東京コンファレンスセンター・品川にて、動画制作大手の90 Seconds Japan様との共催セミナーを開催いたしました。 今回は4月のコンテンツ東京のフォローアップセミナーも兼ねており、コンテンツ東京でブライトコーブを知っていただいた方をメインに、多くの方にご来場いただきました!また、後半には動画を先進的なマーケティングに活用いただいている森永乳業様とデンソー様の担当者をお招きしパネルディスカッションを行いました。その内容を一部ご紹介させていただきます。

社内の動画配信を安定化!注目のソリューション「eCDN」(2/3)

社内の動画配信を安定化!注目のソリューション「eCDN」(2/3)

こんにちは、ブライトコーブ株式会社 Digital Marketing Territory Managerの大野です。 今回は引き続き、ramp社のソリューションである「Altitude CDN™」についてご紹介差し上げます。 前回の復習になるのですが、Video Cloudのようなクラウド型動画配信サービスを利用し社内へ動画を配信する場合、動画視聴者の数が動画ストリーム数となります。 そのため、例えば1ストリームあたり500kbps(1秒間に500kのデータ転送)の動画を100名で視聴する場合、50mbpsのデータ転送が必要となります。