ブライトコーブと動画業界

動画管理・配信を行う際に必要な運用設計とは?

動画管理・配信を行う際に必要な運用設計とは?

企業が動画配信プラットフォームを導入する際、システム運用方法について設計する必要があります。本ブログでは、運用設計とはどのような概念で、なぜ重要なのか、また動画管理・配信に関する設計項目をどのように決めればよいのかについて具体的な設計項目を含めてご説明します。   目次   ①運用設計とは? ②動画管理・配信を行う際に必要な運用設計 ③設計項目   ①運用設計とは? 運用設計とは、想定される状況や事項を考慮した上で、運用業務の枠組みを作ることを指します。具体的には、日常的・定期的または不定期に行う業務内容・業務ルール・業務プロセスに関して、担当者ごとに必要な情報をまとめることです。

Zoomとブライトコーブの機能連携について

Zoomとブライトコーブの機能連携について

目次   ・Zoomとブライトコーブは比較すべき対象ではない ・Zoomとブライトコーブについて ・Zoomとブライトコーブの機能連携について ・Zoomとブライトコーブの連携方法 ・ブライトコーブの強み   Zoomとブライトコーブは比較すべき対象ではない  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大に伴い、展示会・式典・フォーラム・セミナーなどのイベントを動画配信したいという要望が高まっています。一口に動画配信といっても様々な種類が存在しますが、ウェビナーがなかなか浸透しなかった日本においても、急激にイベントをオンライン化する波が押し寄せてきました。

Brightcove Liveを利用したFacebookライブ配信機能

Brightcove Liveを利用したFacebookライブ配信機能

こんにちは、ブライトコーブ株式会社 Associate Sales Engineerの神野です。前回の寄稿でご説明した通り、『Brightcove Social』の新機能として、『Brightcove Live』を併用することで、特に追加のハードウェアを購入頂く必要なく、YouTubeとFacebookへ同時にライブ配信することが可能となりました。 今回は、Video Cloudを利用したFacebookへのライブ配信手順について、順を追ってご説明いたします。手順はYouTubeへのライブ配信と大きくは変わりませんが、設定項目が一部YouTubeの設定とは異なりますのでご注意ください。

Brightcove Liveを利用したYouTubeライブ配信機能

Brightcove Liveを利用したYouTubeライブ配信機能

こんにちは、ブライトコーブ株式会社 Associate Sales Engineerの神野です。ブライトコーブは自社のWebサイトにてライブ配信を実施したいお客様向けに、『Brightcove Live』という商品を提供しています。一方、自社Webサイトのみならず、YouTubeやFacebookなどのソーシャルメディアからライブ配信を実施し、視聴者へのリーチを広げたいという企業も多いのではないでしょうか?  今回、『Brightcove Social』の新機能として、Brightcove Liveを併用することで、特に追加のハードウェアを購入頂く必要なく、YouTubeとFacebookへ同時にライブ配信することが可能となりました。こ

改めて考えるOTTの価値とは?

改めて考えるOTTの価値とは?

2020年1月31日に、『Q3 2019 Brightcove Global Video Index』の日本語版が公開されました。本レポートは、ブライトコーブの顧客企業が保有する、匿名化された動画の視聴データを集計したものです。毎四半期に公開され、OTT(Over The Top)に取り組む企業にとって有用なレポートとなります。しかし、OTTという言葉を初めて聞く方や、OTTを知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか? 本投稿では、改めてOTTとは何なのかをブライトコーブ 川延が説明します。 OTTとは? OTTとはOver The Topの略称で、従来動画配信に利用されていた電波放送・衛星放送・ケーブル放送をバイパスし、インターネットで動画を閲覧することを意味します。

動画配信プラットフォームのROIを算出する方法とは?

動画配信プラットフォームのROIを算出する方法とは?

日本情報システム・ユーザー協会の「企業IT動向調査2019(2018年度調査)」によると、デジタル化の3大課題の一つとして「効果の見極めが困難」であることが挙げられています。しかし、新たなシステムを導入する際に、ROI(Return on Investment、投資対効果)の試算が求められる場合は多いでしょう。それでは有償の動画配信プラットフォームを導入する場合、ROIはどのように算出するとよいでしょうか。

動画配信プラットフォームを最大限活用する4つのステップ

動画配信プラットフォームを最大限活用する4つのステップ

動画マーケティングはマーケターにとってますます身近になっています。その一例としてしばしば引用されるのが、拡大傾向にある動画広告の市場規模です。株式会社D2C、株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)、株式会社電通が2019年3月14日に共同で発表した「2018年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」によれば、2018年の動画広告費は2,027億円で、2019年には2,651億円と前年比130.8%に拡大すると予測しています。 このように、消費者に動画でアプローチすることの重要性は高まっています。しかし、マーケターが動画をマーケティングに活用するにつれて、様々な悩みが聞かれるようになりました。これらは多くの場合、動画の管理と分析に関する課題に集約されます。