ブライトコーブと動画業界

動画配信プラットフォームを最大限活用する4つのステップ

動画配信プラットフォームを最大限活用する4つのステップ

動画マーケティングはマーケターにとってますます身近になっています。その一例としてしばしば引用されるのが、拡大傾向にある動画広告の市場規模です。株式会社D2C、株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)、株式会社電通が2019年3月14日に共同で発表した「2018年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」によれば、2018年の動画広告費は2,027億円で、2019年には2,651億円と前年比130.8%に拡大すると予測しています。 このように、消費者に動画でアプローチすることの重要性は高まっています。しかし、マーケターが動画をマーケティングに活用するにつれて、様々な悩みが聞かれるようになりました。これらは多くの場合、動画の管理と分析に関する課題に集約されます。

ライブ配信時のチャット機能について(後編)

ライブ配信時のチャット機能について(後編)

こんにちは、ブライトコーブ株式会社 Business Development Managerの大野です。 前回の投稿では『Chatroll』の設定方法についてご紹介しました。 今回は、弊社製品のBrightcove Gallery(動画ポータルサイト構築機能)と、Brightcove Liveの連携についてご紹介します。 目次   ①Brightcove Galleryについて ②Brightcove Galleryの設定方法 ③Video IDの設定方法 ④設定の反映   ①Brightcove Galleryについて Brightcove Galleryは動画のポータルサイトを簡単に構築できる機能です。

これだけは押さえておきたい!企業が動画配信プラットフォームを選定する際のチェックポイント7選

これだけは押さえておきたい!企業が動画配信プラットフォームを選定する際のチェックポイント7選

企業が自社の動画を配信する際に必要となるのが、動画配信プラットフォームです。これには大きく分けると無料/有料の2種類があります。それぞれの特徴は以下の通りです。   無料動画配信プラットフォームの特徴 代表的な無料動画配信プラットフォームが、動画投稿サービスやSNSです。配信者が、多数の視聴者に向けて動画を拡散させたい際に適しています。注意点としては、他社や競合企業の広告が、動画開始前やサムネイルに並んで入る場合があります。また、動画プレイヤーのデザインなどをカスタマイズすることができません。動画の内容やコンテンツの権利については配信先プラットフォームのルールに従う必要があり、コンテンツの著作権を保護できない場合があります。

ライブ配信時のチャット機能について(前編)

ライブ配信時のチャット機能について(前編)

こんにちは、ブライトコーブ株式会社 Business Development Managerの大野です。 今回は、ライブ配信時に最も問い合わせの多いチャット機能について紹介します。 YouTubeやFacebookのLive配信機能にチャット機能が含まれていることから、ブライトコーブの製品でも同様の機能を実装できないか質問いただくことが多々あります。 残念ながら、ブライトコーブの製品にチャット機能は含まれていません。また、2019年11月現在、今後もチャット機能の実装は予定されていません。  ただし、チャット機能の実現を希望される場合、ブライトコーブはカナダのトロントに本社を構えるChatroll社の製品『Chatroll』の利用(併用)を推奨しています。

//Video Addict// Vol.6 rtv 須澤氏 (前編)〜ローカルスポーツ特化の配信マン誕生〜

//Video Addict// Vol.6 rtv 須澤氏 (前編)〜ローカルスポーツ特化の配信マン誕生〜

Video Addict Vol.6は、関西を中心にアメリカンフットボール専門の動画メディア『American Football Live by rtv』の運営や小規模のローカルスポーツ配信をする株式会社rtv(以下 rtv)を取材します。rtvは2012年に関西学生アメリカンフットボール連盟との協業でリーグの公式Live配信を開始して以来、アメリカンフットボールのみならず様々なローカルスポーツをLive配信する事業をされてきました。なぜ、これまで主要メディアが取り上げなかったようなスポーツの動画配信に携わっているのか?同社代表取締役の須澤氏にお聞きします。 須澤 壮太(すざわ そうた)氏 株式会社rtv 代表取締役 1989年長野県生まれ。立命館大学映像学部卒業。

//Video Addict// Vol.5 MBS 村田氏 (後編)〜配信実績を積み、伝えていくこと〜

//Video Addict// Vol.5 MBS 村田氏 (後編)〜配信実績を積み、伝えていくこと〜

前編ではMBS 村田氏の経歴や、MBSでどのように働かれているのかをお話頂きました。後編は、同社におけるLive配信の取り組みについて詳しくお聞きします。 同じ内容を同じやり方でLive配信しても、ビジネスとしてスケールしない   BC土屋 現在村田さんの業務としては、オンデマンド配信ではなくLive配信がメインとのことですが、どの程度の頻度でLive配信を実施されているのでしょうか? MBS村田氏 毎年増えているのですが、2018年で50本程度のLive配信を実施しまして、そのほぼ全てのディレクションに携わっています。規模の大小はありますが、Live配信の種類も増えてきました。