Tatsuo Hase の投稿

プレーヤのボリューム設定を記憶する方法

プレーヤのボリューム設定を記憶する方法

Video Cloud プレーヤでは、一度設定したボリューム値はプレーヤを貼り付けているページをリロードすると仕様上、初期値(最大)に戻ってしまいます。一度設定したボリューム設定を継続させたいと考えるケースも多くあると思います。 そこで今回は、一度設定したボリューム設定を記憶して復活させるためのプラグインをご紹介します。

独自のロゴオーバーレイを実装する

独自のロゴオーバーレイを実装する

Video Cloud では Media モジュールで各ビデオに個別にロゴオーバーレイを設定することができます。 またアカウント設定でアカウント内の全てのビデオに共通のロゴオーバーレイの設定も行うことができます。 これらの方法では固定のロゴの設定のみが可能ですが、プレーヤー API を用いるとプログラムで制御可能な独自のロゴオーバーレイを設定することができます。そこで今回はプレーヤー API を用いて動的にロゴの表示を切り替える方法をご紹介します。 ロゴオーバーレイの属性には以下の 2 つがあります。

Brightcove Video CloudとGoogle Analyticsの連携

Brightcove Video CloudとGoogle Analyticsの連携

前回、Adobe SiteCatalyst上で複雑な動画の計測をリアルタイムにおこなうことが可能になるSiteCatalyst連携プログラムをご紹介しました。今回はGoogle Analyticsを用いて動画の計測を行えるGoogle Analytics連携プログラムをご紹介します。 Google Analytics連携プログラムを利用すると、動画再生開始・終了をはじめ、全画面/標準画面の状態になった、レンディションが変更されたなどのVideo Cloudプレーヤーで発生する各種イベントをGoogle Analyticsのイベントアクションとして蓄積することが可能です。

Brightcove Video CloudとAdobe SiteCatalystの連携

Brightcove Video CloudとAdobe SiteCatalystの連携

■ 概要 Video Cloud では Analytics モジュールをお使いいただくことで動画に関する多くの計測を行うことが可能になります。さらに、Adobe SiteCatalyst と SiteCatalyst 連携プログラムを合わせてお使いいただくことでさらに複雑な動画の計測をリアルタイムに行うことができます。Video Cloud をご契約いただいていて、既に Adobe SiteCatalyst をお使いのお客様は SiteCatalyst 連携プログラムをご利用することをおすすめいたします。 SiteCatalyst 連携プログラムをお使いいただくと、Adobe SiteCatalyst のビデオレポートに現れる以下の項目がリアルタイムで計測可能になります。

プレーヤーにTwitterフィードボックスを追加する

プレーヤーにTwitterフィードボックスを追加する

今回はプレーヤーに Twitter フィードボックスを簡単に追加できるプラグインを紹介します。 BEML テンプレート内で SWFLoader 要素でこのプラグインを指定して、Twitter 検索を行う際のキーワードもしくはハッシュタグを指定すると、その結果を Twitter フィードボックスに表示することができます。 brightcove.createExperiences(); ※ このサンプルではハッシュタグ (#brightcove) を Twitter フィードボックスに表示しています。   今回利用するプラグインは以下から取得が可能です。

レンディション選択用プラグイン

レンディション選択用プラグイン

ブライトコーブでは 1 つの動画ソースから解像度とビットレートの異なる 1 本以上のレンディションを作成することができます。これらレンディションは多重ビットレートストリーミングという、視聴者側の接続速度に最も適した解像度およびビットレートの動画を配信する機能で用いられます。 また複数のレンディションを用意してユーザーにどのレンディションで再生したいのかを選択させることもの可能です。それを実現するために、プレーヤーに埋め込み可能な「複数のレンディションから 1 つを選択させるコンボボックス」をご紹介します。 この記事は以下の方を対象に書いています。