Steve Rotter の投稿

動画がビジネスを動かす:オンライン売上の増加

動画がビジネスを動かす:オンライン売上の増加

動画ほど商品の動きを活発にするものはありません。広告からオンライン購入まで、動画によって製品の情報と魅力を伝え、消費者に安心して購入してもらうことができます。オンライン動画を観る人は、観ない人よりも 1.8 倍以上購入確率が高いのはこのためです。動画を活用している小売業者は、売上を 40% 伸ばしています。 オンライン動画は確かにテレビよりも効果的で、ある調査によると衣料品購入者の 34% がオンライン動画広告で観た後に商品を購入していることがわかっています。これに対してテレビ広告の場合は 16% でした。オンラインでも店舗内でも、動画は人々の購買意欲を駆り立てるようです。

動画がビジネスを動かす:ダイレクト e メールの効果を高め、オプトアウトを減少

動画がビジネスを動かす:ダイレクト e メールの効果を高め、オプトアウトを減少

ダイレクト e メール マーケティングというのは難しいビジネスです。望まれないメッセージを、都合の悪いタイミングで送りつけてしまうことがあるので、好意的な反応が得られる可能性は高くありません。果たして受け取った側に価値を見出してもらえることがあるのか ― その答えは Yes です。

動画がビジネスを動かす:ランディングページでコンバージョン率を高める

動画がビジネスを動かす:ランディングページでコンバージョン率を高める

展開するキャンペーンやプロモーションの種類に関わらず、そのすべてが集約されるのはランディングページです。消費者はすでにお店のドアまでやってきています。ここで数秒のうちに中に入れ込むことができなければ、別のオンラインショップに行ってしまいます。それではランディングページを、達成不可能なマーケティングゴールがあふれた場所ではなく、キャンペーンを成功に導く中核要素として位置づけるにはどうすればいいのでしょうか?

動画がビジネスを動かす:モバイルで顧客のエンゲージメントを高める

動画がビジネスを動かす:モバイルで顧客のエンゲージメントを高める

デスクトップパソコンに注力していれば良い時代は終わりました。モビリティが現代のライフスタイルを大きく変える中、場所やデバイスに関係なく、お客様とコミュニケーションを取り、エンゲージメントを高めていく必要があります。ただスマートフォンやタブレットに表示される広告が細かい字でぎっしり書かれており、見ようとしているコンテンツを邪魔するだけの存在だとしたら、視聴者は反応するでしょうか? 人気急上昇中のモバイル動画を活用することで、スクリーンサイズが小型であることの限界をなくし、フルバージョンのサウンド & アクション・エクスペリエンスを提供できます。 モバイル動画はもはや子供だけのものではありません。携帯電話を所有している米国成人の 41% が、同端末で動画を視聴しています。

動画がビジネスを動かす:サイトの滞在時間を延ばす

動画がビジネスを動かす:サイトの滞在時間を延ばす

身近に様々な誘惑や他の娯楽があるなか、お客様に自社サイトを訪問してもらう難しさは格段に増しています。ましてやサイトに居続けてもらうのはさらに困難です。ただ動画は滞留時間を延ばす最適な方法の 1 つで、ウェブサイトに動画を組み込むと平均閲覧時間は 88% 延びます。滞留時間が延びれば、双方向のコミュニケーションにつながり、ブランドを覚えてもらえる可能性が高まります。さらにウェブサイトを記憶にとどめて、再度訪問してもらいやすくもなるでしょう。オンラインのあらゆる側面がうまく機能し、ROI の向上やインパクトの拡大につながるチャンスが増えます。 サイトでの滞留時間を延ばすのに動画が極めて効果的だということは驚くに値しません。

動画がビジネスを動かす:動画を活用した SEO で検索エンジンのパフォーマンスを高める

動画がビジネスを動かす:動画を活用した SEO で検索エンジンのパフォーマンスを高める

SEO 対策はアナリストにとっても、クリエイティブ・チームにとっても、時に頭の痛い問題となります。SEO アナリストは変わり続けるアルゴリズムのつねに一歩先を行き、自社サイトを検索結果の上位に表示させる方法について試行錯誤を重ねています。一方、デザイナーやコピーライターは意に反するキーワードの挿入やレイアウトの変更を余儀なくされています。最終的にその代償を払うのはお客様で、人間ではなく、目に見えないロボットを喜ばせるために操作されたウェブページを閲覧することになります。 動画はウェブページの魅力を高めるとともに、検索エンジンのランキングをアップさせるシンプルかつ効果的な手法でもあります。

動画がビジネスを動かす:ブランドマーケターの意識改革

動画がビジネスを動かす:ブランドマーケターの意識改革

ブランドマーケターはオンライン動画を新たな角度から捉えています。単に閲覧してもらうのでなく、モバイルのエンゲージメントやコンバージョン、購買力など本当に重要な指標に大きな変化をもたらすことが動画の真の戦略的価値であることを、マーケターは一段と認識するようになっています。 身近な例を1つ紹介します。Google AdWords に 10 万ドルつぎ込むとしましょう。皆さんのランディングページにアクセスする閲覧者のコンバージョン率は約 0.02% です。悪くはないですが、もっと伸ばせます。ランディングページの表現やデザインに手を加えることで、コンバージョン率はわずかに上がります。ただ、驚くべきような結果になることは極めてまれです。それではこのランディングページに動画を追加してみましょう。