Shannon K. Murphy の投稿

インテリジェントな動画キャンペーンによる成長: 1対1の会話のつくり方

インテリジェントな動画キャンペーンによる成長: 1対1の会話のつくり方

見込み客との会話を弾ませるのはマーケターの任務ですが、SiriusDecisionsの調査によると、購入意思を表明するまでの 購入者ジャーニー の67%はデジタルチャンネルを通して行われています。さらに残念なことには、このようなリードがファネルの中のMQLからSALに至るどこかの時点で衰えてしまっているように思われることです。デジタルマーケターは、この問題を解決するため、テクノロジーの強力な組み合わせを利用することができます。 マ

最高のライブ放送の始め方。何度でもお伝えしたい、ライブ動画の3つの基本的なコツ

最高のライブ放送の始め方。何度でもお伝えしたい、ライブ動画の3つの基本的なコツ

ライブ動画が好機となることは明らかです。例えば見込み客や顧客、もっと言えば社内の関係者らとより強い関係を構築したいと思っているB2B、B2Cマーケターであれば、そのような目的にライブ動画は不可欠なツールです。なぜでしょうか?それはライブ動画はより参加している感情を生み出しブランドは企業として、もっと個人レベルでオーディエンスとつながりを持てるからです。このような好  ましさは、 ビジネス的成功のために活用できるものです。 どんな企業でもライブ動画を制作することができますが、もしあなたがどんな種類の動画があるのかわからない場合には、このブログの最近の記事 「ライブ動画をマーケティング、セールス、そして職場で使う12の方法」をご覧ください。どん

マーケティング、セールス、そして社内で動画を使う12 の方法

マーケティング、セールス、そして社内で動画を使う12 の方法

あらゆるコミュニケーションツールの中で、ライブストリーミング動画ほど、組織全体にメッセージを迅速にそして効果的に伝える力を持っているものはありません。多くの大企業においては、マーケティングやセールスにオンデマンド動画と合わせてライブ動画を活用することはビジネスの差別化に不可欠な手段となっています。一方、社内でのライブストリームはコーポレート・コミュニケーション(社内広報)やチーム間のコラボレーション、人材開発や労働力の効率化の分野で必須になりつつあります。 これは驚くべきことではありません。動画には、視聴者の心を捉える比類のない力があり、ライブ動画ではさらに説得力が増すのです。オーディエンスがイベントの進行を一緒に体験できるため、動画は魅惑的なのです。ライ

社内動画コミュニケーションが企業をつなぐ

社内動画コミュニケーションが企業をつなぐ

動画は社内コミュニケーションにきわめて効果的であり、タイミングよく数秒で組織全体にメッセージを届けるための理想的な方法です。何より、社内コミュニケーションツールとしての動画は、社員のエンゲージメントを向上させるうえで欠かせないことが証明されています。実際、人事関連のコミュニケーション専門家の 54% は、社員が自分の属する組織に対して、動画コミュニケーションの提供を期待していると語っています。社員のエンゲージメントを向上させることができれば、以下のことが実現します。

セールスの各段階で役立つ 38 の動画 ―― 動画を活用して売上を伸ばす方法

セールスの各段階で役立つ 38 の動画 ―― 動画を活用して売上を伸ばす方法

見込み客に時間を取ってもらうのはこれまで以上に難しくなっています。ことコミュニケーションに関しては、動画ほど強力なメディアはほとんどありません。マーケティングに動画を戦略的に活用しているブランドは、動画を活用していないブランドをはるかに上回るマーケティング実績を挙げています。動画を活用すれば、セールスにつながる MQL が 66% 増え(6.7% → 11.2%)、売上におけるマーケティングの貢献度が 2.5 倍になり、対前年比のブランド認知度も 54% 向上します(6.8% → 10.5%)。 もっとも、これは始まりにすぎません。セールスチームが動画を活用すれば、セールス サイクルの各段階で見込み客のエンゲージメントを向上し、価値を伝えることができます。

動画マーケティングの先駆者たち:カスタマージャーニーを通した動画の活用

動画マーケティングの先駆者たち:カスタマージャーニーを通した動画の活用

「動画マーケティングの先駆者たち」という動画シリーズの第 7 回目です。動画マーケティングのヒントや実務から得られた示唆などを、米国の先駆者たちが数分で簡潔に語る内容です。今回はカスタマー ジャーニーの各ステージごとに有効な動画について、先駆者たちが見解を語ります。 先駆者たちのプロフィール Bill Marriott Sr. Director of Video Communications and New Media, SAS SAS の動画コミュニケーション/新規メディア部門のシニア ディレクターで、CMMA(Communication Media Management Association)のボードメンバーでもあります。マ

動画マーケティングの先駆者たち:多チャンネル配信のメリット

動画マーケティングの先駆者たち:多チャンネル配信のメリット

「動画マーケティングの先駆者たち」という動画シリーズの第 5 回目です。動画をソーシャル メディアで配信すべきか、自社サイトに置くべきか悩むケースは多いです。カスタマージャーニーの段階、動画の内容、期待する視聴者の行動により、様々な動画マーケティングのアクションが考えられます。今回は多チャンネルで動画配信を行う際のヒントや実務から得られた示唆などを、米国の先駆者たちが数分で簡潔に語る内容となっています。 先駆者たちのプロフィール Lee Odden CEO, TopRank Marketing TopRank Marketing 社は、デジタル マーケティング エージェンシー。Odden 氏は、デジタルマーケティング分野における執筆や講演を多数行っています。