Noriyoshi Ino の投稿

Video Cloud 新機能: Overlay API - プレーヤ上でのインタラクションが可能に

Video Cloud 新機能: Overlay API - プレーヤ上でのインタラクションが可能に

Brightcove Video Cloud では、毎月1回、新たな複数の機能をリリースしています。 今回は、今月リリースされた機能のひとつである、Overlay API をご紹介します。 Overlay API を使用することで、プレーヤ上に画像、テキスト、ボタンなどのさまざまなエレメントをオーバーレイ表示させることができることに加え、プレーヤ上のインタラクションを実装できます。 例えば、独自のクローズドキャプションや、Facebook/Twitter 共有機能の実装、動画内で紹介中の商品購入ボタンを実装することによるEC サイトとの連携など、さまざまな使い方が考えられます。

Video Cloud の標準機能で Facebook ウォールへプレーヤを埋め込めるようになりました

Video Cloud の標準機能で Facebook ウォールへプレーヤを埋め込めるようになりました

Video Cloud の動画を Facebook で共有した際、Facebook ウォール上に、Video Cloud のシングルプレーヤが埋め込まれ、Facebook ウォール内で動画を再生できるようになりました。 これまでは、動画のサムネイルとプレーヤへのリンクが Facebook ウォール上に表示されるのみであり、Facebook ウォール上にプレーヤを埋め込むためには、"Facebook ウォールへプレイヤーを埋め込むには" でご紹介している方法を使用する必要がありましたが、この機能を、特に HTML ファイルを修正することなく、簡単な設定で行う事ができるようになっています。 今回は、その設定方法について、紹介させていただきます。

Smart Player API と従来の Player API をハイブリッドで使用する方法

Smart Player API と従来の Player API をハイブリッドで使用する方法

従来の Player API では、Flash Player が搭載されているデバイス(PC/Mac, 多くの Android)でプレーヤがロードされている場合(Flash モード)でのみ、JavaScript や ActionScript を使用してプレーヤを操作することができましたが、Smart Player API の登場により、Flash Player が搭載されていないスマートフォンでプレーヤがロードされている場合(HTML5モード)でも、JavaScript にてプレーヤを操作できるようになりました。

バーンインロゴ機能のご紹介

バーンインロゴ機能のご紹介

Video Cloud では従来から Media モジュールで各ビデオに個別にロゴオーバーレイを設定することができましたが、これに加え、ロゴバーンインを設定することができるようになりました。 ロゴバーンインは、いわゆるウォーターマークのようなものです。 ロゴオーバーレイが、動画に画像を重ねる形で実際は異なる2つのファイルであるのに対し、ロゴーバーンインは、動画をトランスコードする際に実際の動画ファイル自体にロゴを追加されるものになります。   この機能により、主に下記のことを実現できます。

生成されたレンディションファイルのダウンロード方法

生成されたレンディションファイルのダウンロード方法

先日の新たなリリースにより、Video Cloud の Media モジュールから、生成した各レンディションの動画ファイルへの HTTP URL を取得できるようになりました。 これまでも、Media API を使用してこれらの URL にアクセスすることは可能でしたが、トークンの取得やパラメータの設定など、多少、手間がかかることがありました。 この機能追加により、Video Cloud スタジオの Media モジュールにアクセスすることができる方であれば誰でも簡単にレンディションの動画ファイルへの URL を取得することができるため、その URL をアクセスすることで、生成されたレンディション用の動画ファイルを簡単にダウンロードできます。

Facebookのキャッシュをクリアする

Facebookのキャッシュをクリアする

「Facebookウォールへプレイヤーを埋め込むには」で紹介されていましたが、OpenGraph タグを使用することで、Facebook ウォールへ Brightcove のプレーヤが埋め込まれるようにできます。 Facebook は、特定のページが初めて共有される際に、そのページへアクセスし、OpenGraph タグに記述された情報をもとウォールにプレーヤや画像などを表示するのですが、この際、Facebook は、OpenGraph タグで定義された内容をキャッシュするようです。

既存動画をiOSで視聴可能なH.264形式に変換する方法

既存動画をiOSで視聴可能なH.264形式に変換する方法

Brightcove では動画を登録する際、FLV と H.264 の二つのどちらかの形式で登録可能であり、Flash Player を使用する場合には、どちらの形式でも視聴可能ですが、 iPad/iPhone/iPod Touch (以下 iOS) で Brightcove のプレーヤを使用して動画を視聴する場合、その動画の形式は H.264 となっている必要があります。 今回は、既に Brightcove に登録した動画が、FLV 形式に変換されている状態となっている、または、FLV 形式の動画をアップロードしたという場合に、それらの動画を iOS でも視聴できる H.264 形式に変換する方法をご紹介します。 1.