Nathan Veer の投稿

動画のパフォーマンスを改善させるためのポイント

動画のパフォーマンスを改善させるためのポイント

より多くの再生数を獲得するには?より多くの動画を見てもらうには?私たちはこのような質問を上司から尋ねられている皆様と数え切れないほど協力してきました。そこで、これまでの知見をもとに、動画のパフォーマンスを向上するためにすぐに取り組むことができる手順をまとめてみました。   課題1: より多くの人に動画をクリックしてもらうには せっかく作ったコンテンツが視聴者に関心を持ってもらえないときは、改善ポイントが必ずあります。まずは動画のサムネイル、動画の大きさ、ページの配置について考えてみましょう。   【ステップ1】サムネイル画像、タイトル、説明を強化する ウェブサイトの訪問者は、動画の視聴に1-2分の時間を割くことさえも躊躇します。

HubSpotのワークフローで動画データを使用する方法

HubSpotのワークフローで動画データを使用する方法

マーケティングオートメーション自体はかなり前から存在していますが、動画データを利用したマーケティングオートメーションはどうでしょうか。動画は、マーケティング担当者に大変革をもたらします。ストーリーを語る最も強力なツールである動画の視聴データが、HubSpot で利用できます。 ブライトコーブとHubSpotとのインテグレーションは、HubSpotのログイン用の認証情報さえあれば、わずか2分でセットアップできます。セットアップが済んだら、次の画像のように動画視聴データがHubSpot内にあるコンタクトのタイムラインに配信されるようになります。 ブライトコーブからHubspotに送られるデータは、以下の通りです。

動画解析についてより深く知る:Audience Profilesのご紹介

動画解析についてより深く知る:Audience Profilesのご紹介

あなたの動画を見た人の名前を知りたいと思ったことはありませんか?そしてその人が何をどれくらい見たかわかれば、実際にほしい情報を含めたフォローアップができるのにと思ったことは?では、録画した全社員ミーティングの動画や研修の動画を、どの従業員が50%しか観ていないのか、それとも95%は観たのか、知りたいと思ったことは?それができるようになったのです! Brightcove Audience では、最近リリースされた「Audience Tracking」を使うことで、誰もがオーディエンス特有の動画視聴行動を追跡することができるようになりました。従来

動画データを使って学習とナレッジ共有の社内文化を育てる

動画データを使って学習とナレッジ共有の社内文化を育てる

コミュニケーションの唯一にして最大の問題は、コミュニケーションが達成されたという幻想だ –ジョージ・バーナード・ショー   会社が成長するにつれて、社員の数は増えていきます。それに伴い、コミュニケーションもいっそう難しい問題になります。マーケターのあいだでは、ビジョンや文化、アイデア、学んだ教訓を会社全体に伝えるために、動画を使用するリーダーや特定領域の専門家たちと出会うことが増えています。

マーケティングオートメーション+動画:キャンペーンとリードスコアモデルをセットアップする方法

マーケティングオートメーション+動画:キャンペーンとリードスコアモデルをセットアップする方法

近ごろ、何かと話題のマーケティング オートメーション。驚くほど強力なもので、顧客との 1 対 1 の対話リズムを作るための主要なマーケティング ツールの 1 つです。動画には、メッセージをパーソナライズ化し、結果を大きく向上させるマーケティング オートメーション データをより細かく伝える力があります。しかし、私が見てきた限りでは、依然として多くの人がスタートの時点で苦戦しているということが分かりました。コンセプトは良いのですが、一歩目を踏み出すためにはちょっとした実務的なサポートが必要なことがあります。では、どのようにすればよいのでしょうか?すべてにおいて言えることだと思いますが、一歩ずつ進むということです。