Lauren Barry の投稿

新しいBrightcove Live について開発者に聞いてみた。

新しいBrightcove Live について開発者に聞いてみた。

新しいBrightcove Liveの提供が始まりました。魅力的なライブイベント体験を提供することができるこの新製品について、サービスの構築を支えるシニアソフトウェアエンジニアのRyan Struhlにリリースの舞台裏を聞いてみました。 Q. Brightcove Live にどのように携わっていたのですか? Ryan : 私はBrightcove Live のフロントエンドにおけるエンジニアリング プロダクトオーナーをしています。つまり、ユーザーインターフェイス担当者ということになります。私は初期段階のアーキテクチャに携わり、新しいインターフェイスの内部ビジネスロジックを構築しました。 このプロジェクトに携わったエンジニアはわずか4名で、私は全ての作業のマネジメントをしていました。

ブライトコーブ 2018年第1四半期の機能アップデート

ブライトコーブ 2018年第1四半期の機能アップデート

*日本語字幕は、動画内右下のボタンから japanese を選択すると表示されます。 こんにちは。ブライトコーブの第一四半期のアップデートをお知らせいたします。新機能を追加しインターフェイスも新しくなりましたので以下のアップデートを是非チェックしてください!   アップロードモジュールの機能追加 - 進捗が確認できるようになりました アップロードのインターフェイスが拡張され、動画のアップロードの進捗状況が表示されるようになりました。ページをスクロールせずに動画の進行状況を確認できます。また、アップロード中にメタデータのフィールドを編集することで、アップロード先のフォルダを指定したり、タグを追加することもできます。

SNSでは無音声が主流?!ソーシャル動画にも字幕をつけよう

SNSでは無音声が主流?!ソーシャル動画にも字幕をつけよう

SNSでの動画視聴は音声オフが主流 通勤中でも、職場でも、自宅のソファーでも、音声をオフにして動画を視聴することは少なくないでしょう。DIGIDAYの記事によると、なんと、Facebookの動画の85%以上は音声無しで視聴されています。そのことを念頭に置いて、SNS上での動画コンテンツを最適化することが重要です。これを行う一番簡単な方法は、ソーシャルメディアに投稿する動画にキャプション(字幕)を追加することです。   SEO戦略の最適化も可能に まず始めに、SEOとは何でしょうか?「検索エンジン最適化」通称SEOは、検索エンジンから返された検索結果のリストの上位に表示させるようにして、ウェブサイト訪問者数を最大化するプロセスです。

2018年にマーケターが挑戦すべき5つの動画マーケティング

2018年にマーケターが挑戦すべき5つの動画マーケティング

2017年は「動画マーケティングの年」であったという人たちがいます。私たちもそれには賛成します。「動画視聴者の95%が動画から受け取ったメッセージを覚えているが、テキストで読んだ場合には10%である」のような数字を見ても驚きません。動画はもはやトレンドではなく必需品になり、正しい動画戦略は結果に直結するようになりました。 2018年はさらに重要な年になると考えていますので、この1年間に動画を使ってすべき5つのことをまとめました。 ブランドストーリーを動画で補強しましょう 効果のある動画体験を作りましょう 動画データをもとに賢い決定をしましょう ソーシャル動画でリーチを拡大しましょう 従業員をさらにエンゲージしましょう では、始めましょう!   1.

ソーシャル動画記事のカスタマイズでするべき3つのこと

ソーシャル動画記事のカスタマイズでするべき3つのこと

今日のマーケティングは、10年前のそれとはまったく別のものになっています。この大きな変革は何によって引き起こされているのでしょうか?消費者は個人のニーズに合わせて設計された、パーソナライズされた体験を求めるようになっており、この結果マーケターは全く異なるペルソナとプラットフォームに合わせた多様な戦略を立てる必要に迫られています。ソーシャル動画戦略の立案にしても、同様のことが期待されています。ソーシャル動画のプレゼンスを構築していくにあたり、考慮すべきことは無数にあります。多様なオーディエンス、様々なソーシャルプラットフォーム、それぞれ異なった規制とベストプラクティスといったことが挙げられますが、これはほんのわずかな例に過ぎません。