Lauren Barry の投稿

2018年にマーケターが挑戦すべき5つの動画マーケティング

2018年にマーケターが挑戦すべき5つの動画マーケティング

2017年は「動画マーケティングの年」であったという人たちがいます。私たちもそれには賛成します。「動画視聴者の95%が動画から受け取ったメッセージを覚えているが、テキストで読んだ場合には10%である」のような数字を見ても驚きません。動画はもはやトレンドではなく必需品になり、正しい動画戦略は結果に直結するようになりました。 2018年はさらに重要な年になると考えていますので、この1年間に動画を使ってすべき5つのことをまとめました。 ブランドストーリーを動画で補強しましょう 効果のある動画体験を作りましょう 動画データをもとに賢い決定をしましょう ソーシャル動画でリーチを拡大しましょう 従業員をさらにエンゲージしましょう では、始めましょう!   1.

ソーシャル動画記事のカスタマイズでするべき3つのこと

ソーシャル動画記事のカスタマイズでするべき3つのこと

今日のマーケティングは、10年前のそれとはまったく別のものになっています。この大きな変革は何によって引き起こされているのでしょうか?消費者は個人のニーズに合わせて設計された、パーソナライズされた体験を求めるようになっており、この結果マーケターは全く異なるペルソナとプラットフォームに合わせた多様な戦略を立てる必要に迫られています。ソーシャル動画戦略の立案にしても、同様のことが期待されています。ソーシャル動画のプレゼンスを構築していくにあたり、考慮すべきことは無数にあります。多様なオーディエンス、様々なソーシャルプラットフォーム、それぞれ異なった規制とベストプラクティスといったことが挙げられますが、これはほんのわずかな例に過ぎません。