Katsuyuki Sakai の投稿

HTML5 環境への広告動画の配信について

HTML5 環境への広告動画の配信について

Video Cloudは、Flash Player環境だけでなく、iOSなどのHTML5環境での動画広告配信にも対応している数少ないプラットフォームです。 この機能を利用してHTML5での広告配信に先進的に取り組んでいる事例としては、米国のAllrecipes.comがあげられます。 Allrecipes.comでは2007年から料理の作り方を動画で紹介しており、現在までに1000本以上の料理動画を公開しています。 また、このサイトの視聴者はキッチンで動画を見ながら料理を作るといった行動を取るため、スマートフォンやタブレットなどの持ち運びが行えるデバイスでの動画視聴が多く行われています。

Video Cloud が VPAID での動画広告配信に対応していることのメリットとは

Video Cloud が VPAID での動画広告配信に対応していることのメリットとは

VPAIDは、動画のプレイヤーとその上で流れる広告SWFとの間のメソッドやイベントを規定したインターフェイス規格です。 VPAIDに準拠すると、広告SWFがどのような見た目や動作をするように作られていたとしても、プレイヤーから広告SWFへ広告再生開始などの指示を出すことができ、また広告の再生が終わったなどのイベントを受け取ったりすることができます。 Video Cloudを利用している媒体社様側からすると、見た目にこだわって作り込まれている広告であったとしても、それがVPAID準拠であればその広告をVideo Cloudプレイヤー上で再生することが出来ます。従って、単純なpre-roll動画広告以外の広告収益を得る機会が増えると言えます。

Video Cloud が VAST での動画広告配信に対応していることのメリットとは

Video Cloud が VAST での動画広告配信に対応していることのメリットとは

Video Cloudの動画プレイヤーは、VAST 2.0という動画広告の業界標準規格に対応しています。 VASTとは、Video Ad Serving Templateの略語で、『プレイヤー上で再生する広告動画ファイルはどのURLのものを再生すればよいか、広告動画がクリックされた際のジャンプ先URLはどこか、動画広告のインプレッションのデータはどこに送信したら良いか』など、動画のプレイヤーが動画広告を本編の動画へ挟み込むに当たって必要となるデータを記載する際の業界標準のフォーマット(書式)です。

マルチビットレートでのライブ配信

マルチビットレートでのライブ配信

(Professionalエディション以上でご利用頂けます) Ustreamやニコニコ生放送など、ライブ配信を行えるプラットフォームが増えてきました。しかし、それらのプラットフォームでは、単一のビットレートでのライブ配信に限られたり、マルチビットレート配信でもユーザーが視聴ビットレートを手動で選択する必要があったりします。 Video Cloudのライブ配信では、複数の画角・ビットレートでライブ配信を行うことができ、さらに視聴者の環境に合わせてそれらのビットレートの中から最適な物を自動で選択するような配信が可能です。   マルチビットレートのライブ配信の概念図 概念的には以下のような形です。

Smart Player APIを使う

Smart Player APIを使う

(すべてのエディションで利用頂けます) 2011年11月のリリースで、Smart Player APIという新機能がリリースされました。 従来のPlayer APIは、Video CloudのプレイヤーをFlashで表示しているときのみ利用可能でした。ただ、近頃はiOS環境(HTML5環境)での動画再生も増えてきており、そのようなHTML5環境で再生しているときもプレイヤーに対してAPIで操作を行いたい、という要望が増えてきました。 そのような要望にお応えできるのがSmart Player APIです。 Smart Player APIは、Flash環境とHTML5環境のVideo Cloudプレイヤー対して同じ形式のAPIをJavaScriptで提供します。

プレイヤーの関連動画をカスタマイズする

プレイヤーの関連動画をカスタマイズする

(すべてのエディションでご利用頂けます) Video Cloud のプレイヤーには、関連動画機能が標準で付いています。標準そのままの機能で使うと、[関連動画] [新着動画] [人気動画] の 3 種類が表示されます。 他のプラットフォームのプレイヤーでは関連動画に表示する動画の制御が行えないなどの制約があることもありますが、Video Cloud のプレイヤーでは表示される動画の制御を自由に行うことが可能です。 例えば、Video Cloud 管理画面上で「オススメ動画」のタグが付いているものを表示したり、外部のシステムと連携し、ユーザーが購入している動画一覧を「購入済の動画」という項目で出すといったことも可能です。例えば、以下のスクリーンショットのように見せることも可能です。

Analyticsでサイト別のパフォーマンス解析を行う

Analyticsでサイト別のパフォーマンス解析を行う

(Professional エディション以上でご利用頂けます) Analyticsモジュールには、プレイヤー毎にパフォーマンスを比較する機能が付いています。 この機能を活用することで、動画の利用状況のA/Bテストのようなことを行うことが可能です。 たとえば、以下のようなことが可能となります。