John Riske の投稿

統計データ:セカンドスクリーンで初めて World Cup™ を放映し、EVS をサポートした Brightcove Zencoder

統計データ:セカンドスクリーンで初めて World Cup™ を放映し、EVS をサポートした Brightcove Zencoder

今年の夏、世界中のスポーツ ファンが 2014 World Cup Brazil™ に熱狂しました。ほとんどの人は実際にブラジルに行くことはできませんが、試合を自宅で(あるいはオフィスで)視聴し、セカンド スクリーンで無料コンテンツを楽しむことができました。 今年は、コンピューターやインターネット接続デバイスで応援している視聴者に対して、複数のカメラアングルで試合をリアルタイムに観ることができる新しい機能が提供されました。

ブライトコーブの Zencoder と HTML5 プレーヤー Video.js を採用した米人気コメディサイト「Funny or Die」

ブライトコーブの Zencoder と HTML5 プレーヤー Video.js を採用した米人気コメディサイト「Funny or Die」

インターネットは、人々のコミュニケーションを促進し、あらゆる種類の情報を発信するのに極めて優れたツールであることが実証されています。この恩恵を一番受けているのはおそらくエンタテインメントの分野でしょう。そしてその先陣を切ってユーモアコンテンツの制作・配信に取り組み、業界標準を定めるまでになっているのが Funny or Die です。 Funny or Die は 2007 年にオープンしたコメディサイトで、Will Ferrell が Pearl という 2 歳の大家にやり込められるシュールな設定の「The Landlord」など、相次いでヒットを飛ばしています。 第一話の公開から 6 年間で、The Landlord の視聴回数は 7,000 万回を超えました。

クラウド エンコーディング ソリューション評価のヒント

クラウド エンコーディング ソリューション評価のヒント

クラウドベースの動画トランスコーディングに関心がある方なら、この市場に Amazon が突如参入したことをご存知でしょう。Brightcove Zencoder がトップ プロバイダであるこの分野に、Amazon の Elastic Transcoder サービスが参入してきました。クラウド エンコーディング ソリューション評価の真っ最中だという方はおそらく、「この 2 つの違いはなんだろう」という疑問をお持ちだと思います。 弊社の考えをお伝えする代わりに(どうしても身贔屓になってしまうんです)、双方の技術に精通したユーザである、ScreenLight の Chris Potter 氏による独自評価を紹介したいと思います。