No results found

Jeff Whatcott の投稿

Brightcove PLAY 2013 におけるソートリーダーの展望

Brightcove PLAY 2013 におけるソートリーダーの展望

Brightcove PLAY グローバル カスタマ カンファレンスを今回も成功のうちに終えることができました。play.brightcove.com の動画アーカイブには、60 時間を超える動画コンテンツを公開しています。そこで、Bright Ideas シリーズの一部として、そのハイライトをざっと紹介することにしました。 PLAY 2013 には、さまざまな業界から 600 人を超えるソートリーダーが参加しましたが、その組織内でのオンライン動画の重要性については、展望がそれぞれ異なります。

TV Everywhere の可能性

TV Everywhere の可能性

今月の Bright Ideas シリーズでは、ブライトコーブと Akamai が、TV Everywhere を取り巻くチャンスと課題について話し合います。 TV Everywhere(TVE)は、リビングの外で素晴らしい番組を視聴したいという需要をテレビ放送局が満たすための方法として、鳴り物入りで数年前に始まりました。ケーブルテレビや衛星テレビの加入者は、モバイル デバイスで本物の動画体験を視聴することができるのです。そのコンセプトは、多くの興奮と期待と共に紹介されましたが、TVE が実際に軌道に乗り始め放送局の優先事項になるまで数年かかりました。 今 TVE コンテンツの需要が急増しているのには、複数の要因が重なっています。1 つは、デバイスの爆発的な拡大です。

ライブ動画イベントを簡単に配信する方法

ライブ動画イベントを簡単に配信する方法

ブライトコーブでは、2013 年は「ライブ ストリーミング」の年としています。ライブ イベント放送にアクセスする視聴者が増え続ける中、あらゆるスクリーンやデバイス上でストリーミング コンテンツにただちにアクセスしたいという視聴者の需要に、弊社のお客様は対応していく必要があるでしょう。 「4 月の Bright Ideas のブログ」で取り上げたように、ライブ イベントには相当な課題が存在します。私たちはお客様と話し合う中で、従来の多目的ライブ ストリーミング ソリューションの取り組みで彼らが直面する、多くの課題について学びました。その 1 つはセットアップであり、これは困難で管理が面倒です。収益化は簡単ではなく、解析やパフォーマンスを監視する手段もありませんでした。

Apple TV の可能性を評価する

Apple TV の可能性を評価する

ブライトコーブ代表取締役会長のジェレミー・アレイヤは、これまでに Apple のコネクティッド TV あるいはテレビのようなデバイスの可能性について詳細に語ってきましたが、(ジェレミーのクリスマスへの願いもむなしく)このデバイスの将来は未だ謎のままです。 市場のゲームを変える Apple のデバイスは、おそらく最近のどの技術革新よりも、さまざまなうわさと興奮を呼んでいます。市場を変える技術革新という伝統から、Appleは、リビングのテレビに革命を起こし、テレビ用アプリの増殖により放送とゲーム業界の両方を大きく揺るがすことに成功する最高の位置付けにあるといっても誇張にはならないでしょう。

Zencoder Live Cloud Transcoding を使ったクラウドでのライブ動画エンコーディング

Zencoder Live Cloud Transcoding を使ったクラウドでのライブ動画エンコーディング

先日、Zencoder Live Cloud Transcoding サービスの一般提供の開始をお知らせしました。このサービスは、クラウドでライブ動画エンコーディングを行うためのオープンな API であり、マルチスクリーン対応のライブ ストリーミングの障壁を取り除き、ライブ動画イベントの経済性を変えます。 ライブ動画イベントは多様な組織にチャンスを提供し、急成長しています。最近の米国大統領就任式や、さまざまな主要スポーツ イベント、ニュースで分かるように、記録的な数の視聴者が、多くの異なるなデバイスで視聴します。 しかし、ライブ動画イベントには大きな課題もあります。

HTML5 動画収益化の進歩

HTML5 動画収益化の進歩

先日ブライトコーブは、HTML5 動画向けの総合的な収益化ソリューションが広く利用可能になったことをお知らせいたしました。これには、VAST 準拠のプレロール、ミッドロール、ポストロール広告、および広告ポリシを動的に設定、変更するための新しい HTML5 動画プレーヤ API、さらには FreeWheel、Google、Videoplaza、YuMe 等の主要広告サーバ向けの HTML5 動画プラグインのサポートが含まれます。 FreeWheel によれば、広告と DRM がサポートされる動画コンテンツのスマートフォンでの視聴は、過去 1 年間でほぼ 8 倍に増えました。

DRM(デジタル著作権管理)による動画コンテンツの保護

DRM(デジタル著作権管理)による動画コンテンツの保護

成人の 45%、18 歳から 29 歳の 70% が、音楽、テレビ番組、映画を不正に購入、コピー、あるいはダウンロードしていることが、最近のデータで明らかになっています。スマートフォンやタブレット、そして PC やコネクティッド TV に至るまで、消費者がさまざまなデバイスでオンラン動画を利用する一方で、不正なコンテンツをハードディスクにコピーする方法が多く紹介されているのも事実です。結果として、コンテンツの所有者はアクセスの方法、場所、時期に関わらず、自らのコンテンツが著作権の侵害や不正な視聴から保護されるようにする必要があります。