Jeff Whatcott の投稿

【動画】デジタル ファースト時代と動画広告の未来

【動画】デジタル ファースト時代と動画広告の未来

テレビの初期の時代、放送局はその放送網を介して視聴者と直接的関係を持っていました。しかし視聴者は顧客ではなく、1 対 1 の形式で応対を受けられるわけではありませんでした。同時に、テレビが表現する素晴らしいテクノロジーにアクセスするためだけに、消費者は多数の低品質な広告に耐えるのを厭わなかったのです。 昨今の有料テレビ時代の到来により、放送配信のインフラは MSO(複数のケーブルテレビ局を統括して運営している事業者) や衛星プロバイダーなど、集積的なものに移行しました。コンテンツの配信および収益化に対する多数の独自アプローチに伴い、大規模なテクノロジーの多様化が発生しました。

Facebook はテレビと YouTube を一網打尽にできるか?

Facebook はテレビと YouTube を一網打尽にできるか?

昨年 12 月半ば、Facebook の動画戦略が Twitter とブログ上で話題になりました。事の発端は Facebook の資料をリークした TechCrunch のこの記事です。この「配布禁止」資料は意図的に流出されたもので、その狙いは広告パートナーに従来のテレビや YouTube の広告の代わりとして Facebook を優先してもらうことです(Facebook の動画広告は公式に開始されました)。ただ TechCrunch の評価のおかげで、動画に対する Facebook の長期計画と今後の見込みをめぐる激しい議論が沸き起こりました。 本件についての私の見解はこうです。 今の世の中で最も手に入れにくいものは真の愛、次に消費者の関心です。

【動画】2014 年におけるデジタル マーケターの優先事項

【動画】2014 年におけるデジタル マーケターの優先事項

ブランドは顧客や見込み顧客とエンゲージし、永続的な関係を築いて売り上げを推し進めるために、高品質なコンテンツ、特に動画利用の拡大を続けています。B2B だけを取り上げても、B2B 企業の 75% 以上がコンテンツ マーケティングを利用し、73% 以上が 2014 年におけるコンテンツ マーケティング イニシアティブの投資の拡大を計画しています。 デジタル マーケティング界の革新と混乱に満ちたエキサイティングな 1 年となるであろう年を迎え、デジタル マーケターがこの 1 年どのように動画を利用するか考えたとき、その機会や課題にまつわるいくつかの予測やデータを彼らと共有できれば面白いのではないかと思いました。

【インフォグラフィック】YouTube と無料であることの高コスト

【インフォグラフィック】YouTube と無料であることの高コスト

あらゆる規模のブランドが、ブランドの認知を確立し新規顧客を引き寄せるために大きな投資を行っています。多くのブランドでは、その投資の大部分は、潜在顧客を顧客に変えるのに役立つコンテンツ体験の制作につぎ込まれています。 動画コンテンツに対しては、ブランドは、視聴者を誘導する優れたプロットと戦略的なコール トゥ アクション(行動喚起)機能を備えた、制作費の高い動画資産に投資します。コンテンツがブランド認知とエンゲージメントにプラスの影響を及ぼすように、継続的に動画戦略の最適化に取り組みます。しかし、コンテンツは高品質かもしれませんが、その一方で悲しいことに、しばしば動画体験の提供に問題があるのが現状です。その結果、コンテンツ戦略全体が、その目的を果たすまでに至っていません。

【動画】2013 年度 IBC でのデジタル メディア状況に関する考察

【動画】2013 年度 IBC でのデジタル メディア状況に関する考察

2013 年度 International Broadcasting Convention(IBC、国際放送化会議)は、9 月に無事に終了し、今までの出席者では最多となる約 53,000 名がアムステルダムに集まり、放送業界を形成する展開について学び、最新の製品とテクノロジに関する情報交換を行いました。 IBC は、放送およびデジタル メディア業界の主要人物が集結する盛大なイベントで、参加者はそれぞれの知識を共有し、1 年先の業界の課題を定めています。2013 年度も例年と同じように開催されました。ブライトコーブは前回同様、このイベントのスポンサーの一社となっています。

【動画】コンテンツ マーケティングと動画で閲覧者を購入者に変換する

【動画】コンテンツ マーケティングと動画で閲覧者を購入者に変換する

eMarketer によれば、2013 年にコンテンツ マーケティング、動画マーケティング、およびソーシャル メディアに費やされる額は 1,184 億ドルになります。これは驚異的な数字ですが、コンテンツの重要性、そしてソーシャル チャネルを通してそのコンテンツを視聴者に配信する能力の重要性が、あらゆるタイプのマーケティング担当者にとって急速に大きくなったことを考えれば、当然のことでしょう。 コンテンツ マーケティングは、ブランドが需要を喚起し、コンバージョン率を改善し、マーケティングへの投資からより高いリターンを得るために役立ちます。魅力的なコンテンツを通じて消費者とダイレクトに関係を築くことによって、マーケティング担当者はより多くの閲覧者を購入者へと変換させることができます。

【動画】新しいメディアとエンタテインメントのバリューチェーンを分析する

【動画】新しいメディアとエンタテインメントのバリューチェーンを分析する

ブライトコーブのセールス担当SVP であるポール・ゲッツは、2 部構成の優れたブログ シリーズを公開しました。そこでは、従来のメディアとエンタテインメントのバリューチェーンから、視聴者が主導権を持つ今日の世界への進化を分析しています。ポールはメディアとエンタテインメントのバリューチェーンの進化、および視聴者やコンテンツ オーナーにとってそれが意味することについて興味深い見解を示しています。 今月の Bright Ideas 動画シリーズでは、ポールを迎えて、このトピックについて詳しく掘り下げます。