Jay Greenspan の投稿

Gallery サイト内の「保護されていない通信」というメッセージについて

近年、Webブラウザ―のメーカー(Apple、Microsoft、Google)は、Webサイトのオーナーにサイトをより安全(セキュア)なものにするようにと強く勧めてきました。このようなメーカーの主な目標の1つは、可能な限り SSL(Secure Socket Layer) をサイトに追加させることです。 SSLは、Webサーバーとブラウザーの間の通信を暗号化する手段です。SSLがあれば、サーバーとブラウザーの間の通信を不正に傍受しようとする者は正しい情報を見ることができないようになります。SSLがなければ、メッセージはすべてプレーンテキストで送受信され、簡単に傍受して読むことができてしまいます。