James Hamar の投稿

動画でストーリーを伝えるための6つのポイント

動画でストーリーを伝えるための6つのポイント

動画はマーケティングの最重要手段の1つですが、明確な方向性や目的がなければ、話題になるようなインパクトは生まれません。最も効果的な動画は「ストーリー」を伝えるものです。 明確なストーリーは感情を喚起し、視聴者の苦痛や欲望の中心に到達し、実行可能な解決策を提示します。 Stillmotionという映像制作会社があるのですが、私は彼らの動画の中にある奥深いストーリーが大好きです。 彼らはMuse Storytelling Process という、ストーリーを伝えるために作られた枠組みにのっとって動画を制作しています。 この枠組みとは、「4P」:People(人々)、Place(場所)、Plot(筋書き)、Purpose(目的)の4つです。

ハーバード ビジネス スクール主催イベント「TV, Disrupted」の ライブ ストリームの舞台裏

ハーバード ビジネス スクール主催イベント「TV, Disrupted」の ライブ ストリームの舞台裏

ブライトコーブは先日、ハーバード ビジネス スクール(以下、HBS)主催の「TV, Disrupted: A World of Video Choices Opens Up(テレビの崩壊:動画選択の世界は広がる)」と題されたパネル ディスカッションに参加しました。このイベントでは、OTTやその他の新たなビジネス モデルによって従来型の消費者とキャリアの関係が変化する現在において、放送局、広告主、メディア企業が直面している課題を検討しました。パネル ディスカッションを上手に取りまとめてくれたのは、業界の専門家であり、Videonuzeの編集者兼発行主で、自身もHBSの卒業生でもあるWill Richmond氏でした。