Ilya Degtev の投稿

動画広告を始めるための3つのポイント【入門編】

動画広告を始めるための3つのポイント【入門編】

今日の動画広告市場は急速に成長しており、広告出稿者にはさまざまな新しいチャンスがあります。eMarketerのレポートによると、米国のデジタル動画広告業界は2018年から2021年の間に10%以上成長し、最終的には2.2兆円以上の市場になるとみられています。 デジタル広告の世界に乗り遅れないために、以下に企画のヒントや注意点を書いてみました。   戦略を立てる   動画広告の戦略を立てるときは、以下のステップを押さえましょう。 視聴者を知る:視聴者を獲得しエンゲージするために、彼らの興味、場所、使用しているデバイスの種類を調べておく必要があります。 興味をひく動画コンテンツを作成する:視聴者は15秒から30秒しか広告を見ません。

動画の収益化とは何か?

動画の収益化とは何か?

動画広告の支出額は、今後3年間で10%以上伸びると予測されています。 ただ、アドテクの世界は複雑で、動画広告には様々の言語と分かりづらい略称があるため取っつきにくいと思う人も多いでしょう。しかし基本さえ理解すれば、すぐにVAST、VMAP、VPAIDといった略語で会話できるようになります。この記事を読んで今すぐ使いこなせるようにしましょう!   動画広告の種類 VAST (Video Ad Serving Template) :動画広告配信テンプレート VASTとは、動画広告の再生方法や再生時間などに関する一連の指示が入ったコードです。動画プレーヤーに再生の指示を出したり、広告がクリックされたらどのURLに遷移させるかといった、広告の仕様を決めるものです。

モバイルブラウザー上でコンテンツをインライン再生するには?

モバイルブラウザー上でコンテンツをインライン再生するには?

モバイル動画広告をインラインで再生できるようにするのは、単純な変更でありながら、パブリッシャーにとっては広告のパフォーマンスを上げ、オーディエンスによりよい視聴体験を提供できる方法です。これは成長を続けているモバイル市場においては特に重要です。最近のIABの調査によると、広告バイヤーの77%が2017年のモバイル動画広告への支出前年比で増加したとするなか、2018年も62%が前年比で増加すると予想しています。無料の動画コンテンツと引き換えに広告が表示されるのは、モバイルユーザーにとっても当然のこととなりつつありますが、パブリッシャーはデスクトップと同様のフィルレートをモバイル機器で達成できているとは限りません。

主要ブラウザーが動画の自動再生を終了へ

主要ブラウザーが動画の自動再生を終了へ

動画広告をご利用の一部の皆様に影響を与える可能性のある、デスクトップ ブラウザーに関する重要な変更についてお知らせいたします。AppleとGoogleは最近、動画の自動再生を廃止するそれぞれの計画を発表しました。これは、自動再生機能に頼っているメディアパブリッシャーの収益に影響を与える可能性があります。モバイル機器上での自動再生の制限についてはご存知かもしれませんが、デスクトップ ブラウザーでは新しい措置です。 何が起きているのか?   Appleのブラウザーの最新版であるSafariバージョン11では、すでに音声付きの動画の自動再生は無効に設定されるようになりました。