Gabe Russell の投稿

Context Aware Encodingでコストを削減し、動画配信の品質も改善させよう

Context Aware Encodingでコストを削減し、動画配信の品質も改善させよう

私たちはより多くの動画を観るようになっています。携帯電話で、タブレットで、リビングルームのテレビで、そして仕事中も、電車に乗っているときも、あるいは道を歩いているときにも動画を観ています。ストリーミングサービスが規模を拡大しより多くのコンテンツをより多くの画面に配信する中、動画の保存や様々なデバイスへの配信に使用する帯域幅のコストは下がっています。 多種多様なデバイス向けに、高い品質の動画を大規模に効率よく配信することこそ ブライトコーブが使命としていること ですが、本日はContext Aware Encoding(コンテクストに合わせたエンコーディング)という新しい機能をご紹介します。

DRMへの対処法-パート1:DRMに対する理解と保護されたコンテンツの生成方法

今回は、ストリーミング動画のためのDRMの要点について説明する複数のパートから成るシリーズの第一部です。この投稿では、DRMのエコシステムとDRMで保護されたコンテンツの生成方法について説明します。次回以降の投稿では、再生とライセンス取得についてお話します。 DRM:CTOも開発者も怖がらせる頭文字です。デジタル著作権管理(DRM)は、不正使用や著作権侵害からデジタルコンテンツを保護する方法です。より高品質のコンテンツが公共のインターネット経由で配信される為、多くのストリーミング動画プラットフォームにとっての必須条件となっています。

Amazon S3、Lambda、Zencoderを利用したトランスコードの自動化

Brightcove Tech Talkへようこそ! テクノロジーにフォーカスしたこの新しいブログでは、動画やソフトウェアのエンジニアリングに関するトピックを扱います。例えば、各種コネクテッドデバイス用に動画を作成し配信するための方法や、ハウツーガイドなどがテーマとなります。初投稿の今回は、Zencoder、Lambda、S3を使用し、わずか数行のコードでトランスコードのワークフローを簡単に自動化する方法についてお話しします。 ウォッチフォルダ(「ドロップフォルダ」や「ホットフォルダ」とも呼ばれます)は、あらゆるファイルベースのワークフローをまとめて自動化する使いやすいツールです。