Chris Johnston の投稿

広告主による動画戦略の成功基準とは?

広告主による動画戦略の成功基準とは?

お客様であるデジタル メディア企業から、広告主にとって重要な指標は何かという質問をされることがよくあります。広告の閲覧回数? 視聴時間? 広告へのクリックスルー? 広告主がこれらに関心があると仮定すると、この種の指標の業界平均値というものはあるのでしょうか。 何よりも重要なのは、1 つとして同じ広告主やパブリッシャはない、という点です。そのため、以下のコメントは一般論と考えてください。 最終的に広告主は、動画コンテンツ内で広告を行うことで、各種の目的を果たそうとしています。動画広告を開始する際、広告主はオンラインでもテレビ広告と同様な見方をしています。つまり、適切な視聴者に確実に広告を届けることが主な目的です。

リビングルームの戦い

リビングルームの戦い

リニアとデジタルの統合は進行中で、メディア企業がデジタル革新によって熾烈な戦いを繰り広げる中、競争はますます激化しています。ケーブル会社以外も消費者へのリーチが可能になったことは周知の事実です。Hulu や Netflix などの direct-to-consumer プレーヤが、これまでケーブル会社が独占していたシェアを徐々に切り崩していますが、さらにテレビ局(HBO、ESPN、ABC、他)も同様な動きを見せています。したがって、かつては配信業者向けだけだった広告が、今ではメディアやエンタテインメント業界といったその他の企業の間でも利用されるようになりました。 そのため、新たな啓蒙活動が必要になります。デジタル時代の初期には、広告付きのメディア以外に収入を得る方法はありませんでした。

ライブ動画のマネタイゼーション

ライブ動画のマネタイゼーション

動画で収益を得ているあらゆる組織の間で、重要なメディア戦略としてライブ動画ストリーミングの活用が急増しています。オンデマンド動画が今でもコンテンツとその収益の大半を占めていますが、メディア企業はライブ動画のさまざまなメリットも見出しています。たとえば、ライブ イベントをオンラインでブロードキャストすることで、ショーへの感動を呼び起こしたり、視聴者、広告主、収益をより多く呼び込むことができるプロパティとなるだけでなく、オンデマンド コンテンツにもプラスの効果が発生します。これはライブ イベントの視聴者は最終的にオンデマンド カタログも閲覧することが多いためです。