Adam Mark の投稿

App Cloud 対 PhoneGap: あるウェブ デベロッパの見解

App Cloud 対 PhoneGap: あるウェブ デベロッパの見解

App Cloud についてデベロッパと話しているとき「App Cloud は PhoneGap とどう違うのですか?」とよく聞かれます。すかさず私は、「PhoneGap は素晴らしいです。でも App Cloud ではもっと多くのことができますよ。」とお決まりの答えを述べます。「多くのこと」というのが常にひっかかっていました。「多い」からといって優れているとは限らないからです。そこでこのことを ウェブ デベロッパの視点から詳しく比較することにしました。同じアプリをまず PhoneGap 上、続いて App Cloud 上で構築し、それぞれのシステムについてプラットフォーム機能の強さ、開発モデル、さらにサービス提供を評価しました。

ハイブリッド手法がコンテンツ・アプリに適している理由

ハイブリッド手法がコンテンツ・アプリに適している理由

素晴らしいハイブリッド車や遺伝子組み換え技術を利用した美味しい果物のように、App Cloud はアプリ開発上でハイブリッド手法を用います:ネイティブ・デバイス・プラットフォームの効用性と HTML5 の開発フレームワークの自由度の高さを融和させるハイブリッド手法。クロス・プラットフォーム、そしてコンテンツ重視のアプリ用に、このハイブリッド手法 は時間とコストを節約した上で、驚くべき成果を成し遂げます。各々のプラットフォームがどのような舞台で役割を果すのかみてみましょう。

動画とアプリの親和性に関して

動画とアプリの親和性に関して

「三本の矢」という話は、毛利元就(もうりもとなり)が三人の子供たちに、「矢一本なら一人の力で折ることができるが、三本となったときはなかなか折れない。このように三人が力を合わせなければいけない」という有名な話です。私は、「動画」、「アプリ」、そして「App Cloud」を3本の矢として捉えてお話をしたいと思います。 動画はアプリに新鮮な息を吹き込む一方で、アプリは動画配信用の環境を提供します。 動画は配信するために、アプリのランドスケープ(携帯、タブレット、ウェブサイト、スマートTV)に依存します。同様に、アプリのランドスケープはプラグイン可能かつ再利用可能な動画コンテンツの形態に依存します。

アプリらしさの追求: App Cloud と HTML5 によるネイティブ アプリ開発

アプリらしさの追求: App Cloud と HTML5 によるネイティブ アプリ開発

(このブログ記事は米 Brightcove Inc. の Adam Mark 氏のブログを意訳したものです。 参照: "The Pursuit of Appiness: Building native apps with App Cloud and HTML5") 私は 13 年間ウェブ開発者そしてウェブ デザイナとしての仕事に携わっており、技術革新の移り変わりに付いていくのは比較的容易でした。最初に、Java、PHP、Ruby と学んでいき、Flash にたどり着き、主要な UI ライブラリである Prototype から jQuery まで、技術革新のスピードに合わせてウェブ開発者/デザイナとして時代を歩んできました。