No results found

米国におけるライブスポーツ観戦はデジタルが主流に

米国におけるライブスポーツ観戦はデジタルが主流に

新型コロナウイルスによるパンデミックの影響で、米国におけるスポーツの試合は中止を余儀なくされていますが、デジタルライブスポーツ中継の視聴率は、インターネット上での視聴の継続的な成長と有料ケーブルテレビ離れの加速により、今年も14%以上増加すると見られます。

デジタルスポーツの視聴者に関する我々の最初の予測によると、米国では3,650万人が今年、スポーツの生中継をデジタルで視聴すると見られていました。これには、少なくとも1つのスポーツシーズン中に毎月ライブスポーツを視聴するすべての年齢の個人が含まれます。2020年の後半には、一部のライブスポーツが再び視聴されると予測されます。今年は、米国のスポーツ観戦者のうち、ほぼ4人に1人(23.7%)がデジタルチャンネルを介して視聴するでしょう。

  米国 2019年ー2023年 デジタルライブスポーツ視聴者に関する予測 

  OTT、TV Everywhere、バーチャルMVPDなどのデジタルプラットフォームで、
  少なくとも1つのスポーツシーズン中に毎月ライブスポーツを視聴するすべての
  年齢の個人。ハイライト、ライブ以外のコンテンツ、eスポーツ、オリンピック
  関連コンテンツを除く。

 

 

 

 

全米大学体育協会(NCAA)のMarch Madnessトーナメントがキャンセルされたため、今年のスポーツのライブ視聴率は全体で0.2%減少すると見られます。

「近年、ケーブルTV離れと視聴者減少が加速するにつれて、テレビ局と有料テレビプロバイダーはライブスポーツにさらに依存するようになりました」と、Insider IntelligenceのeMarketer予測アナリスト Eric Haggstromは述べています。 「ライブスポーツは、テレビ局にとって広告およびアフィリエイト収入で数十億ドルに相当します。若い視聴者に大規模にリーチできる数少ない方法の1つであるため、広告主は秋に行われる可能性のあるライブスポーツの復活を熱望しています。」

これらのデジタル視聴者のほぼ半分は、Sling TV、Hulu with Live TV、YouTube TVなどのバーチャルMVPD [インターネット経由でテレビ番組、ケーブルテレビ番組、ストリーミングサービスのコンテンツを提供するOTTサービス] を通じてスポーツの生中継を視聴すると見られます。今年は、1,700万人がこれらのプラットフォームでライブTVを視聴し、2019年から13.3%増加するでしょう。また、インターネットで配信される有料テレビ視聴者の69.3%がバーチャルMVPDを使用してスポーツの生中継を視聴すると予測されます。


  米国 2019年ー2023年 バーチャルMVPDでのデジタルライブスポーツ視聴者に関する予測 

  バーチャルMVPDで、少なくとも1つのスポーツシーズン中に毎月ライブスポーツを
  視聴するすべての年齢の個人。ハイライト、ライブ以外のコンテンツ、eスポーツ、
  オリンピック関連コンテンツを除く。

 

 

 

 

延期されたライブスポーツリーグは、2020年のある時点で復活するでしょう。延期されたリーグには、全米バスケットボール協会(NBA)、メジャーリーグ(MLB)、および全米ホッケーリーグ(NHL)が含まれます。*

ライブスポーツをデジタルで視聴する際に最も人気のあるプラットフォームの1つはESPN +で、今年は1,490万人の視聴者を有し、米国のデジタルライブスポーツ視聴者の40.8%を占めます。ESPN +は昨年、追加サービス [オンデマンドコンテンツへのプレロール広告] とDisney +およびHuluとのバンドルにより急速に成長しました。

出典:eMarketer.com

*NBA、MLBは7月、NHLは8月に再開しましたが、状況は依然として流動的とみられます。

スポーツコンテンツの配信をご検討なら