//Video Addict// Vol.5 MBS 村田氏 (前編)〜竹の研究から動画配信ビジネスまで〜

//Video Addict// Vol.5 MBS 村田氏 (前編)〜竹の研究から動画配信ビジネスまで〜

Video Addict Vol.5は、在阪放送局である株式会社毎日放送(以下 MBS)を取材します。MBSでは、同社の番組とイベントをITを利用して面白くすることを目的とし、『Hack On Air MBSハッカソン』を2014年〜2017年に渡り開催するなど、テレビ局のデジタルトランスフォーメーションに早くから取り組まれてきました。2015年からは無料動画配信サービス『MBSオンデマンド』、2016年からは定額見放題サービス『MBS動画イズム』のサービス提供を開始しています。関西のテレビ局において、常に先進的な取り組みを実践される背景にはどのような秘密があるのか...? MBS コンテンツビジネス局  ITビジネス部の村田さんにお話をお聞きします。

村田 博司(むらた ひろし)氏
株式会社毎日放送
コンテンツビジネス局 ITビジネス部

IT企業で開発、設計業務を経て、2017年1月株式会社毎日放送に入社。
入社後から現部署で動画配信技術担当として従事。
現在は主にライブ配信、ニュース配信、有料会員制動画配信サービス等において開発、運用、保守などに携わる。

数値計算や分析については得意だった

 

ブライトコーブ(以下BC)土屋 村田さんは大学院卒、ITベンダー勤務を経てMBSに入社されたと、以前お聞きしました。最初に、村田さんのバックグラウンドと、現在MBSでどのようなお仕事をされているか教えて頂けないでしょうか?

MBS村田氏 少々込み入った長い話になるのですが、大学院で森林生態学を専攻し、竹の一斉開花について研究をしていました。インドの山奥で数ヶ月現地調査をし、帰国後も衛星画像で解析をするなどして、48年に一度の周期と言われる竹の一斉開花を解明することに尽力していました。ドクター(博士課程)に進学したのですが挫折し、友達が働いていた大阪に本社のある株式会社シティ・コムというIT企業に就職しました。

BC土屋 IT関連の知識は、学生時代に学ばれていたのでしょうか?

MBS村田氏 いえ、特に教育を受けた訳ではなくプログラミング経験もほとんどなかったのですが、マクロを組む程度のことはやっていたのと、数値計算や解析については得意だったので、なんとなくやれば出来るのではと思っていました。
 

自分がテレビ局に入社することは、全く想像していませんでした

 

 28歳になって初めて就職し、3年間でJava、C#、C++、SQLなどを習得。エンタープライズ向け基幹システム開発案件にアサインされ、設計〜コーディングのみならず、上流工程や進捗管理等、幅広い業務を経験させてもらえました。その仕事にはやりがいを感じていたのですが、ある日、MBSがIT要員の中途採用を募集しているのを知りました。BtoCサービスへの興味が芽生え初めていたのと、元々映画やアニメ、ラジオといったコンテンツが好きだったこともあり、面接を受けてみた結果、2017年にMBSに中途入社しました。

 現在は主にLive配信業務に従事しています。弊社では主なところでセンバツ高校野球、全国高校ラグビーなどのスポーツイベントを多く配信していますが、昨年からLive配信チーフとしてハード・ソフト面での配信設備構築、運用体制の構築、社内外関係各所との連携などを任せられています。その他にも、ニュース配信、ホームページディレクション、データ放送など、社内のIT的なことには幅広く関わっています。MBSが保有するコンテンツを、ITを駆使して如何にマネタイズするか、技術面から仕組みを構築し運用に落とし込むのが今のミッションです。

BC土屋 MBSに採用される以前に、テレビ局へはどのような印象をお持ちだったのでしょうか?

MBS村田氏 自分がテレビ局に入社することは、全く想像していませんでした。なんとなく会社の体質が古いんだろうな...(笑)というイメージがありました。ただ、事前にMBSの方から、動画配信について新たなチャレンジをしようとしていることをお聞きしていました。配信以外にもホームページに関する業務や、視聴データの分析は、研究で培った論理的思考力、課題解決能力を最大限に発揮できる機会だと感じました。

BC土屋 実際に入社されてからはいかがですか?

MBS村田氏 IT経験のある中途採用者として、テレビ局に足りていない部分について、ITでどのように解決するかを求められています。僕のように、経験が豊富とは言えない人間にも裁量権があり、非常に重宝もされるのでとてもやりがいのある仕事ですね。

 先日、社内でラジオ番組のLive配信をWeb上で実現したいという要望があったのですが、その際にも名指しで依頼がありました。自分のスキルが社内で認知され、作業依頼があり、実現していく過程が楽しいですね!
 

義務ではなく好奇心を行動原理にしたい

 

BC土屋 以前から感じていたのですが、村田さんはピュアですよね(笑)。村田さんのみならず、MBSの方々は仕事を楽しんでいるという印象があります。

MBS村田氏 まだ、僕が年齢の割に社会人歴が短く、社会で擦れてないということだと思います(笑)。ただ、擦れたくないとも思っていてます。どのような会社でも、部署や役職などの立場でそれぞれの意見や主張があると思うのですが、出来るだけ、自分はそこに染まらないようにしようと考えています。僕が大学時代に研究をしていたこともあり、義務ではなく好奇心を行動原理にしたいと常々思っています。

 また、チームとしても風通しが良いですし、言いたいことを言いやすい環境です。意思決定の承認プロセスが少なく、役割分担が明確であることも僕がピュアで居続けられる理由かもしれません(笑)。

BC土屋 MBSは意思決定が早く、先進的な技術などを早く取り入れられていると感じていましたが、働きやすさが影響しているということですね。

MBS村田 見逃し配信を含む、Web上での配信ビジネスは今後成長していく領域だと位置づけています。チーム全体で、「自分たちがこのビジネスを大きくするぞ!」という共通の気概を、各メンバーが持っています。

前編は以上です。村田氏の経歴や、MBSでどのように働かれているのかをお話頂きました。後編は、同社におけるLive配信の取り組みについて詳しくお聞きします。