動画広告を始めるための3つのポイント【入門編】

動画広告を始めるための3つのポイント【入門編】

今日の動画広告市場は急速に成長しており、広告出稿者にはさまざまな新しいチャンスがあります。eMarketerのレポートによると、米国のデジタル動画広告業界は2018年から2021年の間に10%以上成長し、最終的には2.2兆円以上の市場になるとみられています。

デジタル広告の世界に乗り遅れないために、以下に企画のヒントや注意点を書いてみました。

 

戦略を立てる
 

動画広告の戦略を立てるときは、以下のステップを押さえましょう。

  • 視聴者を知る:視聴者を獲得しエンゲージするために、彼らの興味、場所、使用しているデバイスの種類を調べておく必要があります。

  • 興味をひく動画コンテンツを作成する:視聴者は15秒から30秒しか広告を見ません。彼らの興味をひきやすいコンテンツを選ぶことは非常に重要です。

  • 信頼できる広告運用チームをつくる:広告運用チームが社内でも社外でも、技術的な取り組みを理解し、収益化の取り組みができる人員を配置しましょう。

  • 適切なアドサーバーを選ぶ:広告の配信サーバーはよく考えて選びましょう。サーバーによって広告戦略の成功と失敗は左右されます。Google Ad Manager、FreeWheel、SpotXやSpringServeなどさまざまな選択肢があります。サーバーを選ぶときには、収益モデル、サポート、使いやすさ、独自の機能などをふまえて検討しましょう。

  • 直接販売広告とプログラマティック広告について考える:ほとんどの広告出稿者は直接販売広告とプログラマティック広告を組み合わせて使用​​しますが、どちらがより効果的なのか比較する必要があります。

 

動画広告をより良くするための3つのポイント
 

1、動画広告では、ビューアビリティは重大な指標です。広告主は、MOATやIASなどのビューアビリティ指標から広告の効果を評価します。たとえば、Media Rating Council(MRC)の基準では、最低でも広告の60%が画面上に2秒表示される必要があるとしています。たとえば、画面に広告が表示されていないときにはプレーヤーの再生を停止したり、視聴者が画面をスクロールしたときにプレーヤーも「ついてくる(フロートされる)」ようにしたりすると、ビューアビリティは良くなります。

2、視聴者のプラットフォームを把握し、それぞれの環境や制限を認識しておくことです。たとえば、PCで再生されてもモバイルデバイスで再生できなければその対策が必要になりますよね。

3、動画広告によくあるトラブルの原因とその対処法を理解しておくことです。たとえば、Error 303は、空のVASTレスポンスが返されたことを意味しています。これはよくあるエラーで、通常はサイト運営の変更によるものです。この場合広告主は、DFPフォールバックとパスバックが設定されていることを再確認する必要があります。

 

動画広告の出稿についてさらに詳しく知りたい方は、3月14日(木)に開催の無料セミナーへお申込みください!

3月14日(木) 開催!動画広告配信セミナー