ブライトコーブがDPPセキュリティ基準を達成しました

コンテンツ制作と放送事業のセキュリティで高い評価を獲得

ブライトコーブがDPPセキュリティ基準を達成しました

ブライトコーブは、セキュリティプログラムの開発に取り組んでいるデジタル・プロダクション・パートナーシップ(The Digital Production Partnership、以下DPP)」におけるコンテンツ制作および配信事業のベンチマークを達成しました。DPPはイギリスの放送局BBC、Channel 4、ITVが共同で設立した会員制の非営利団体です。

DPPは、コンテンツ制作者と放送局がメディアの相互運用性に関する共通規格の採用を推進し、コンテンツ制作者と配信事業者が放送局と協力する際に​​直面する摩擦を最小限に抑え、業界間の協力を通して新しい市場機会を創り出すことを目的に、2009年に創設されました。

DPPは放送局、配信事業者、および技術業界の専門知識を活かし、デジタルTVの制作に必要な技術とメタデータの規格、見識、および放送コンテンツ制作に関する知見を業界に広めてきました。DPPの会員数は企業、組織、個人を含め400以上に成長し、彼らのプログラムと規格は世界中の業界では広く採用されています。

 

2017年10月、DPPは業界のサイバーセキュリティ基準を定め、コンテンツ制作と放送の分野において事業者がセキュリティ基準を遵守しているかを厳格に管理・評価するためのCommitted to Securityプログラムを開始しました。

Committed to Securityプログラムは、外部および内部の実行者によるコンテンツの侵害や不正利用、インシデントの検出・対処の不備、大災害が発生した場合のサービス提供リスクなどを防止するように設計されています。このプログラムに合格するためには、国際的に認められているデータ保護の基準(SOXなど)を遵守し、すべてのシステムおよびサービスがセキュリティ審査を受け合格する必要があります。また、災害などの緊急時にも業務を継続するためのプランを提出する必要があります。

多くの放送局はDPPプログラムによる管理を採用しており、ベンダーやサプライヤーにコンプライアンスを義務付けています。そのため、オンライン動画のテクノロジープロバイダーにとっては、システム、データ、コンテンツのセキュリティに対する継続的な取り組みを実証することは不可欠です。

ブライトコーブにおけるコンテンツ配信のセキュリティと信頼性の詳細については、こちらをご覧ください。

業界最高水準のセキュリティでコンテンツを配信