動画活用の先進企業を表彰する「ブライトコーブ ビデオアワード 2018」を発表しました!

2018年12月6日(木)、ブライトコーブは「ブライトコーブ ビデオアワード2018」の受賞企業を発表し、授賞式を行いました。

ブライトコーブ ビデオアワードは、ブライトコーブが動画のビジネス活用の啓発のために2015年から実施しているアワードで、日本市場において革新的な動画サービスの提供や動画マーケティングに取り組み、ビジネスの拡大やブランドの認知を高めたメディア事業者や企業を表彰しています。

今年は厳正な審査のもと、6つの賞を選定・発表しました。

<Best Video Monetization Award>
―動画メディアビジネスにおいて優れた取り組みをされた企業・サービスへ贈呈。

受賞企業:TVer運営事務局様 「TVer」(ティーバー)
民放各局合同による見逃し配信サービス「TVer」では「2018 FIFA ワールドカップ特設ページ」を開設。全64試合のハイライト動画に加え、一部試合では生中継配信も実施。TVerアプリは累計1500万ダウンロードを突破し、マルチデバイスへの動画展開を成功しています。

 

<Best Video Branding Award> 
―ブランディング・コーポレートコミュニケーションにおいて優れた動画の活用をされた企業様へ贈呈。

受賞企業:株式会社デンソー様
公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会2017年度の第5回Webグランプリにおいて、企業 BtoB サイトの優秀賞を獲得した同社のブランドサイト。ハイクオリティな動画を多く活用し、企業メッセージの伝達に成功しています。

 

<Best Video Communication Award> 
―インターナル(社内向け)コミュニケーションにおいて優れた動画の取り組みをされた企業様へ贈呈。

受賞企業:日本マクドナルド株式会社様
社長からのメッセージや今まで紙媒体で配布していたトレーニングマニュアルを動画化することで効果的な情報伝達と情報漏洩のリスクを軽減。また、動画を活用した双方向コミュニケーションにより従業員・クルーの一体感醸成に成功しています。

 

<Best Partnership Award> 
―動画マネタイゼーションのエコシステム構築において優れた取り組みをされた企業様へ贈呈。

受賞企業:株式会社サイバー・コミュニケーションズ様
ローカルのテレビ局や出版社の動画広告マネタイゼーションのコンサルティングから具体的な提案を当社と一緒に継続的に実践いただいています。また当社顧客のマネタイズにおけるパートナーとしての関係も深く、サイバー・コミュニケーションズ社の提供する広告ソリューションと当社のサービスVideo Cloudを組み合わせて多くのユーザーへ展開いただいています。

 

<Most Impressive Video Business Award> 
―2018年年最も野心的な動画ビジネスの取り組みをされた企業様へ贈呈。

受賞企業:株式会社運動通信社様
同社のスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」にて、夏の高校野球に代表される人気コンテンツのスポーツのみならず、これまで映像で見ることの出来なかったスポーツをインターネットを通じて配信し、認知拡大に貢献。ライブ配信の本数は1日100本を突破しました。また動画広告ビジネスにおいても非常に積極的に取り組んでいます。

 

<DIGIDAY Award> 
―イベントのMedia SponsorであるDIGIDAY様より贈呈。

受賞企業:株式会社資生堂様
海外ビジネス比率が高まる中で、同社では全世界の動画を日本で集約、一元管理するガバナンスを開始。ブランドサイトにおいては動画の新たな見せ方を開発することによって、一貫性のある美しい動画コンテンツをグローバルで提供可能になり、ブランディングの強化に成功しています。また、従業員向けには臨場感ある各種イベントの配信するなど「モチベーション向上」と「つながり強化」を実現されています。

 

「動画元年」などというのは既に過去の言葉。今回アワードを贈呈させていただいた企業様のように、日本でも革新的な素晴らしい動画活用事例が続々と誕生しています。2019年は一体どのような目新しいサービスやコンテンツが生まれるのでしょうか?