RugbyPass、AVOD配信にブライトコーブを採用し売上が300%増加

*動画の日本語字幕が表示されない場合は、動画内右下のボタンから japanese を選択してください。

デジタルメディアの出版社であるRugbyPassはRugbyPassRugbyDumpRugby365、およびRugby Onslaughtの4つのオンラインブランドを運営し、世界中にいる熱狂的なラグビーファンのニーズを満たすコンテンツを日々提供しています。 RugbyPassは世界中の40以上のプロデューサーのコンテンツを収録したAVODサービスで、動画、ニュース、試合やチームの分析など、ラグビーに関わるエンターテインメントを網羅しています。

2016年に設立されたRugbyPassの最初の目標は、あらゆるラグビー関連コンテンツのグローバル・ハブとしての地位を確立することでした。 AVODプラットフォームと4つの異なる流通チャネルにより、世界中のより多くのファンにリーチを拡大できるようになりました。

同社は最近、視聴者のエンゲージメントを促進し、サイトへのトラフィックをさらに増やすために、Rugby Explorerというオリジナルのドキュメンタリーシリーズを開始しました。 RugbyPassのウェブサイトで視聴できるオンデマンド番組となっており、世界各地を旅するプロラグビー選手を特集し、各国の文化や歴史、その土地のラグビーシーンなどを紹介しています。 Rugby Explorerシリーズは、RugbyPassが独自のニッチコンテンツをどのようにキュレーションし、ファンのエンゲージメントを高め収益化を促進しているかの一つの例となっています。

RugbyPassのグローバルビジネス開発マネージャー クリス・クーパー氏は、企業とのパートナーシップ構築を担当しています。ページ上部の動画では、オンデマンド動画プラットフォームにブライトコーブを採用したことで同社が収益を300%増加させたことを紹介しています。

 

AVODの売上を増やしませんか?