テレビジョン・ニュージーランド、子供向け動画プラットフォームの品質を向上させ、コストを削減

テレビジョン・ニュージーランド、子供向け動画プラットフォームの品質を向上させ、コストを削減

消費者の視聴習慣がオンラインへ移行し続けるのを受け、放送局や出版社は、あらゆる年齢層の消費者へ向けたオンデマンドコンテンツサービスを提供しています。ニュージーランドの放送局テレビジョン・ニュージーランド(TVNZ)は、ニュージーランドの子供たちが安全で広告のない場所に高品質のコンテンツにアクセスできるよう、子供向けプラットフォームHEIHEIを発表しました。

しかし、オンデマンドサービスの立ち上げや管理には困難が伴います。コンテンツライブラリの増加に伴い、視聴体験を犠牲にせずにストレージと配信コストを削減するという課題は、コンテンツホルダーや出版社が直面している課題です。

TVNZでは、オンデマンドコンテンツプラットフォームで高品質の視聴体験を提供するため、Brightcoveの技術を長い間活用してきました。また、新しい子供用プラットフォームを立ち上げる際には、Brightcoveの新しい圧縮テクノロジーであるContext Aware Encoding(CAE)を実装しました。 CAEは、立ち上げ時に利用するコンテンツライブラリの管理の負荷を緩和するとともに、将来的なコスト削減とHEIHEIの計画の基礎を築くために導入されました。HEIHEIには広告やサブスクリプションサービスによるマネタイズは行われないため、コストの削減は特に重きを置いています。

Context Aware Encodingは、機械学習とディープラーニングを使用して、動画ごとにエンコーディング設定を最適化します。 これにより、デバイスの種類、ネットワークの品質、または地理的な場所に関係なく、エンドユーザーのビデオ体験が向上すると同時に、コンテンツ所有者の全体的な配信量とストレージコストが削減されます。

Young Hollywood を含む世界中の顧客は、既に動画ビジネスの運営に関連する運用コストを節約することができました。 Young HollywoodはCAE使用開始後の数週間でストレージを20%節約し、配信量を17%節約しました。TVNZも、ANZ地域で動画圧縮技術を利用した最初の無料放送局として、同様のメリットを狙っています。

Context Aware Encodingは、HEIHEIを今後も成長させようという野望のもと、TVNZがストレージと配信のコストをできるだけ低く抑えながらコンテンツライブラリを拡大できるようにします。 また、HEIHEIは結果が出るまで、今後数カ月間、オンデマンドサービスにContext Aware Encodingを展開する予定です。

配信コストとストレージを削減しつつ視聴者体験を向上させるCAEについて