HubSpotのワークフローで動画データを使用する方法

HubSpotのワークフローで動画データを使用する方法

マーケティングオートメーション自体はかなり前から存在していますが、動画データを利用したマーケティングオートメーションはどうでしょうか。動画は、マーケティング担当者に大変革をもたらします。ストーリーを語る最も強力なツールである動画の視聴データが、HubSpot で利用できます。

ブライトコーブとHubSpotとのインテグレーションは、HubSpotのログイン用の認証情報さえあれば、わずか2分でセットアップできます。セットアップが済んだら、次の画像のように動画視聴データがHubSpot内にあるコンタクトのタイムラインに配信されるようになります。

ブライトコーブからHubspotに送られるデータは、以下の通りです。

  • 動画タイトル

  • 動画ID

  • Video CloudのアカウントID

  • 動画が表示されているページのURL

  • Video CloudのプレイヤーID

  • 動画の視聴時間


このデータがブライトコーブからHubSpotに入ったら、これをワークフローや、リストのセグメンテーション、リードスコアリングが可能になります。
例えば次のように、ある動画を25%以上見た人にはメールAを、25%も見ていない人にはメールBを送るといった設定もできます。

 

動画視聴データは、今あなたが行っているマーケティングキャンペーンを格段にパワーアップさせるものです。HubSpotのパワーを業界の主要な動画マーケティングプラットフォームに組み合わせて、素晴らしい結果を得ることができます。

接続方法と設定に関する詳細は、ブライトコーブのサポートページ(英語)もご参考ください。
また、最新の情報はHubspot社にもご確認ください。